iPhone&iPadケース選びはやめられない!

 

iPhoneの楽しみの1つに「周辺アクセサリー選び」があるよね。中でもハマってしまうのがケース! オレなんていま使っているのにたどり着くまで、20種類以上も買ってしまったもんね。使わないヤツがもったいない気もするけど、プレゼントとして大事な人にあげたりしているからムダにはなっていない。

でもって、数々の試行錯誤の末、オレが選んだiPhoneケースがこれ。

vintage01.jpg

SGPstore.comと いう米国のメーカーから出ている「Vintage Edition」。新品の状態だと写真のようにベージュ色だけど、1か月も使っているとどんどん色が濃くなっていく。まさにヴィンテージぽくなるというわけ。

ただ、最近はそのヴィンテージ感が「汚い感」に変わってきてしまい、なんかイマイチだなと思い始めてたのね。そしたら、またCool な新製品がでてましたよ。その名も「Leather Pouch Gariz Red」。

Gariz.jpg

ね、結構いいでしょ? もちろん、早速注文しましたよ。いろいろなメーカーを調べ尽く したけど、やっぱりオレのイチオシはSGPstore.comだね。ちなみに、やや新製品の掲載が遅いのだけど、日本代理店のSGPストアジャパンもある。こちらで好みのものが見つかったら送料のお得な国内注文で買うのがいいね。米国ショップでもPayPalが使えるし、すぐに発送してくれるから安心です。

さて、ここからが今日の本題。やっぱりこれからはiPadのケースでしょ。iPhone同様に各メーカーを見て回って、最初にオレが目を付けたのがこれ。

Simplism.jpg

Trinity Online Shopで販売されている「Simplism Flip Leather Case for iPad」。やっぱり、革製が好きなんだね、オレ。一昨日、届いたからワクワクしながら箱を開け、早速iPadを入れてみると……。うーん、けっこう分厚くなっちゃうんだよね。

自宅ではDOCキーボードに挿したりしたいので、いわゆるカチッとはめ込む式のスリムケースはNG。外出用のキャリングケースがほしかったわけ。もちろん、Apple純正のも考えたけど、かなりガッチリ入れ込むため、着脱がやっかいとの情報もあってこいつを選んだ。

と ころがね、これだとノートパソコンくらいの厚さになってしまうから、iPadの良さが半減しちゃうんだよなぁ。と、悩んでいるところに、こんな優れものを 発見してしまった!

vaja.jpg

vejaという超Coolなブランドだね。商品説明に「Handicraft process: 35 days」とあるところを見ると、1点ずつ手作りで仕上げているみたいだね。さらに、「Customize」を選ぶと、約30色から自分の好きな色を選べ てしまうのがまたスゴイ。値段も150ドルから350ドルと決して安くはないのだけど、いまのところオレのハートはこいつらに釘付け状態だね。

でもって、いまオレが狙っているのがこれ!

vaja02.jpg

本体とストライプの色をそれぞれカスタマイズできるほか、このモデルはプラス10ドルで名入れもしてくれるらしい。しめて210ドルという高価なもの。でも、横置きの傾斜がBluetoothキーボード使うときに重宝しそうだし、なんつっても名入れがヤバイ。それにしても、これ見ちゃうと最初に買った「Simplism Flip Leather Case for iPad」が霞んで見えるよね。これだからケース選びはいやなんだよね、というかやめられないね。

しかし、あらためて自分の好きなケースを並べてみると、趣味が偏っているというか、似たようなモノに惹かれているってのがよくわかるよね。まぁ、色や形は別として、ここで紹介したブランドにはほかにもカッコイイのがたくさんあるから、よかったら見てみてください。

関連記事:

No comments yet.

Leave a Reply