iPadのTwitterアプリ-1「Twitepad」

 

iPadをゲットしたら、まず入れたいのがTwitterアプリだよね。ところが、リリースしてまだ日が浅いためか、iPhoneに比べると圧倒的に種類が少ない。TwitBirdやTweetie、Echofon、Simply Tweetといった、安定感のある定番アプリにはまだ出会っていない。唯一、TweetDeckが早々とiPad版を出しているものの、タイムスタンプにバグがあって、とても使えた代物じゃないんだね。

そんな中、オレの目に留まったおすすめアプリがこれ。その名も「Twitepad」。

twitepad01.jpg

画面左がタイムライン、右がウェブブラウザーというインターフェイス。基本的にこいつは横置きで使うのがよさそうだね。でもって、ここがこのアプリの真骨頂なんだけど、「TLを見ながら、つぶやきに書かれたリンクをバンバン開いていく」という使い方ができるんだね。

iPhoneでそれをやろうとすると、アプリ専用のブラウザーに移動しちゃうでしょ。パソコンでもTwitterソフトからブラウザーに切り替わるよね。それがちょっとでもウザイと思うと、なんとなくつぶやきのリンクは無視みたいな流れになってしまいがち。

けれども、外部へのリンクにいい情報が埋まっているつぶやきってけっこうあるんだよね。そこで、このTwitepadを使ってみると、「つぶやき→ウェブリンク」という流れがものすごくスムーズにいくのがわかる。なんてったって、同一画面で両方を追えるわけだからね。

さらに、こいつにはタブブラウザーみたいな機能もあって、リンクを開くたびに小さなアイコン状になって下部に貯まっていく。上の画面ショットの赤い線で囲んだ四角に注目してね。すでに開いたページが4つ並んでいるのがわかりますか? アイコンをタッチすればメイン画面に表示され、左上の閉じるマーク「×」で不要なモノはすぐに消せるというわけ。

これなら、気になったリンクは躊躇なくバンバン見ていけるよね。ここにもiPadならではの操作感があって、リンク入りのつぶやきをどこでもいいからタッチするだけでページが右に表示される。コレを使っていると、「リンク入り来ないかなぁ」なんて期待するようになってしまうから不思議だね。

ちなみに、見ているウェブページについてつぶやきたくなったら、ステータスバーの鳥マークにタッチする。すると、下の画面のように、タイトルとbit.lyの短縮URLが入った状態でTweet画面が立ち上がるんだね。このあたりも気が利いていると思うな。

twitepad02.jpg

一般的な機能もそれなりに充実している。下画面にあるように、TLの右に付いた「→」を押すと、返信やRT、DM、翻訳ができる。公式リツイートと引用を選べるし、全員に返信にも対応しているね。タイムライン、Mention、ダイレクトメッセージはTLの左に飛び出ているタブをタッチして切り替える。表示されるのはそれぞれ1列で、TweetDeckのように複数のタブにはできない。

twitepad03.jpg

そのほか、リスト、保存した検索、ツイート検索、ユーザー検索もOK。写真の投稿とURLの短縮もいける。これでハッシュタグの入力支援とかあれば申し分ないね。

twitepad04.jpg

たぶん、iPadのTwitterアプリはこのTwitepadのように、TLとブラウザーを統合する派と、TweetDeckやHootSuiteのように、タブで複数のTLを見せる派に別れるんじゃないかと思うな。でもって、横置きが主流になる感じがするな。せっかくの大画面だから有効に使ったほうがいいでしょ。

もう1本、iPhoneでもかなり有名なTwitelatorのiPad版もなかなかがんばっているよ。こちらはまたひと味違ったインターフェイスで勝負している。いつかこのブログで紹介しようと思っています。

iPad Twitterアプリ「Twitepad」をiTunesで見る!

関連記事:

No comments yet.

Leave a Reply