Twitter&リーダー連携で大活躍! Instapaper完全ガイド

 

iOS 4もiPhone 4もリリースされて、ようやく一段落という感じ。お祭りが終わって次第に日常に戻っていくような感じだね。そんなわけで、前から書きたかったネタをやります。今日のテーマは「Instapaper」。かなり前からある便利なウェブサービスだね。いまではiPadやiPhoneでもアプリが提供されていて、いろんな場面で活用できるようになった。

そしてこのInstapaper、ツイッターなどのソーシャルメディアやRSSリーダーと組み合わせて使うときに、最高の情報収集ツールとして活躍してくれるんだね。昨日のアップデートでいい感じの機能も加わったりして、オレ的にはグッドタイミング。じゃ、いってみましょうか。

STEP 1:Instapaperでできること

まずは、Instapaperについての簡単な解説から。一言でいえば、「あとでゆっくり読みたいウェブサイトの記事を保存しておいてくれるクリッピングサービス」ってところかな。もちろん、オンライン上に保存されたブックマークという捉え方もある。

さらに、他のユーザーが登録したサイトを見られるってあたりはソーシャル的な性格も持ち合わせてるってことだね。何年も前から「ウェブクリッピングサービス」「オフラインリーダー」みたいな呼び方で同様のサービスは存在してた。

じゃあ、なんでいまこいつに注目が集まるのかってことだよね。やっぱりツイッターやRSSリーダーの存在が大きいと思うな。ガンガン流れていくツイッターのTLに気になるURLがあったとする。でも、その都度、ブラウザーを立ち上げてそいつをゆっくり読んでいたら今度はTLが追えなくなっちゃう。

つまり、ソーシャルの登場で情報収集のやり方も変わってきてるってこと。ここでは「収集する時間」と「じっくり読む時間」(Read Later)を切り分けるのが最大のポイントなんだね。そこで再注目され始めたのがInstapaperのようなクリッピングサービスというわけ。

実際に使ってみればその便利さがすぐにわかるから、さっそくやってみましょうか。

STEP 2:アカウントの作成とちょっとした設定

Instapaperを使うにために、まずアカウントを作成しなきゃだね。すでに持っている方もおすすめの設定があるので、軽めに読んでみてください。アプリからもできるんだけど、もろもろやっておきたいことがあるんで、ウェブサイトでやっちゃいます。下のリンクをクリックして登録ページに行きましょうか。

Instapaperのアカウント登録ページ

入力するのはメールアドレスだけ。すぐにこんな画面が出てくるよ。

まだウェブサイトを登録していないから、白紙の状態。やっておきたいことの1つ目。パスワードが未設定なのと、いまのままだと長いメールアドレスがユーザー名になっているから、これを変更します。

右上の「Account」をクリックすれば設定画面がでてくる。設定が終わったら最初のページに戻ります。

ここで、ページの真ん中と右下にある「Read Later」という背景黒に白地の楕円形アイコンに注目。これをブックマークバーにドラッグ&ドロップします。

Safariなら上のようなポップアップが出てくる。名前が「Read Later」になってるんだけど、同様のサービスで「Read It Later」というのがあって紛らわしい。ここは真っ直ぐ「Instapaper」に変えておくのおすすめだね。

これで、ブックマークバーに「Instapaper」が登録される。これはいわゆるブックマークレットというヤツ。ウェブサイトを見ていて「お、こいつはInstapaperに保存したい」と思ったらこれを押すだけでOKなんだね。

ついでなので、2、3の適当なウェブサイトに行ってこのブックマークレットを押してみようかな。ブラウザーの左上あたりに一瞬だけど「Saved」という表示が出れば成功だね。以上で準備は完了。いよいよアプリにいくよ。

STEP 3:iPadやiPhoneと同期

この状態でiPhoneやiPadを同期させる。目的は先に登録したブックマークレットをiPhoneやiPadにも反映させるためだね。MobileMeを使っていたらパソコンにつなぐ必要はなし。パソコン側で「今すぐ同期」を選べばOKだね。

もし、同期してもブックマークレットが反映されない場合は、iPhoneやiPadでSafariを立ち上げて、Instapeperにログイン。先の「Read Later」アイコンをクリックすると、ブックマークレットを手動で登録するガイド(下画面)が出てくるから、それに沿ってやれば大丈夫。

iPhoneやiPadでもSafariから登録できるかどうか試してみてくださいね。

STEP 4:Instapaperのアプリを使いこなす

基本的にはiPhoneでもiPadでも使い方は同じ。画面が大きいか小さいかの違いだけだね。iPhoneアプリは無料版と600円の有料版がある。昨日のアップデートでiOS 4とiPhone 4にバッチリ対応したよ。iPad版は有料版のみ。オレ的にはぜひ、iPadで使ってほしいんだけどね。

有料版と無料版の違いはおもにインターフェイス。あとで登場する「pagenation」というかっこいいページ閲覧を使いたいなら有料版で決まりだね。

iPhone版 Instapaper をApp Storeでチェック!

iPad版 Instapaper をApp Storeでチェック!

というわけで、今回はiPad版で解説しようかな。アプリを立ち上げるとログインが面が出てくる。先に設定したユーザー名とパスワードを入れると……

おお、出たね。すでにいくつかのウェブサイトを登録していたら、読み込みにしばらく時間がかかるはず。通信中の表示が止まってすべてのタイトルが出てきたら、一度アプリを終了させます。なぜ? すぐにわかるから期待していてね。

設定に行って一番上の「機内モード」をオンにするよ。これでWiFiも3Gもシャットアウト。たとえば地下鉄に乗っている状態なんかと同じだよね。

もう一度Instapaperに戻って、右ペインに表示されているサイトのタイトルをタップ!

なんと! テキストはもちろん、画像もちゃんと表示されているよね。すべてのタイトルをタップして確認してみてください。先に読み込みが完了していれば、オフラインの状態でもすべてのページが読めるはずだよ。ここでTIPSその1。

TIPSその1:朝起きたらiPadかiPhoneでInstapaperを立ち上げ、登録したページをすべて読み込んでおく。あとは電車でも地下鉄でも電波の届かないとこでも閲覧OK!

そうそう、登録されたタイトルを見るときは横置き、実際にページを閲覧するときは上のように縦置きがおすすめだね。

じゃあ、ページを閲覧している状態で右上の「ダブルA」アイコンをタップしてみましょうか。

はい、ここでページのルック&フィールを細かく設定できるんだね。このあたりが気に入ってるわけですよ。フォントから文字のサイズ、行間、ページの横幅、画面の明るさまで、本当にきめ細かく調整できるよ。オレのおすすめは「Helvetica」で行間をやや広げ、幅はマックスにするだね。

テーマを「Dark」にするとこんな感じにもできるよ。

左上の星アイコンをタップして最初の画面に戻ってみましょうか。おっと忘れないうちに先の「機内モード」をオフにしておきましょうね

先のサイトが左ペインの「Starred」に登録されてますね。これはお気に入りみたいなもの。あとで出てくるんだけど、このStarredアイテムは一般に公開されていて、ユーザー名がわかれば共有ができるんだね。

次は左上の「+」をタップ!

ここで、登録したサイトを整理するためのフォルダを作れる。一番上の「Normal folder for organaizing」の欄にフォルダー名を入れてキーボードの「Done」を押せばOKだね。「News」という名のフォルダーを作ってみたよ。

はい、再び右ペインのサイト名をタップしてウェブサイトを表示させます。今度は右上の「四角+矢印」アイコンをタップ。

一番上の「Move Floder」をタップだね。このサイトを入れておきたいフォルダーを選べばOK。最初のホーム画面に戻ってフォルダーをタップすると……

はい、しっかり登録されてますね。フォルダーが必要かどうかは微妙なところなんだけど、何百サイトも貯まってきたら役に立つかもしれないね。

ちなみに、先のフォルダー作成画面で二番目の「Username」に自分以外のユーザー名を入れると、その人がStarredに指定したサイトが入ったフォルダーが作成されるよ。これがStarredアイテムの共有方法だね。Instapaperでは他のユーザー名を知る術がないから、友人や知人とシェアーする感じかな。

試してみたい方は「zonostyle」と入れるとオレの登録したサイトが見られますよ。あ、若干のタイムラグがあるので、ユーザー名を入れてすぐにはサイトが出てこないこともあります。

ホーム画面右上の「Edit」をタップするとタイトル名の左側に「-」が付く。

これをタップすると、右側に「Archive」が表示されるよね。この状態で右上の「Done」(先のEdit)をタップすると、その記事は左ペインの「Archive」に入れられるんだね。削除ではないです。すでに読み終わったものをストックしておく場所って意味かな。

Archiveフォルダーで同様の操作をすると消去になる。つまり、最初は「Read Latre」(未読)にある記事を「Archive」(保存)に移動させて、いらなくなったら「Delete」(削除)する。これがInstapaperの基本的な使い方だね。

STEP 5:さまざまな閲覧方法を味わってみる

次にホーム画面上の「Edit」ボタンをタップしてみましょうか。

設定画面ですね。まずは「Pagenation」の部分をOFFにしてみます。Settingウィンドウを閉じたら、ホーム画面でウェブサイトのタイトルを選び、ページ閲覧画面にしてみるよ。

上部ツールバーの一番右に上下の矢印アイコンがあるよね。これをタップすると上の方に「Tilt scroling on」という表示が出る。この状態でiPadを自分と反対側に倒してみてください。ね、スーッと画面が自動的に下方向にスクロールし始めるでしょ。自分側に傾けると上にスクロールする。

この自動スクロールはとくにiPhoneでやるのがおすすめ。すっごく読みやすいよ。

iPhone版は下のツールバーの真ん中に「Tilt scroling」のボタンがあるんだね。

はい、先の設定画面に戻って今度は「Pagenation」をONにしてみてください。でもってまたまたページ表示の画面を出す。長いページは上下にスクロールして閲覧するよね。そこで、あえて左右にフリックしてみると……

「Pagination」というアラートが出たね。ここでOKを押してもう一度左右にフリックすると……。電子書籍のような左右のページめくりインターフェイスに変わるんだね。上下スクロールよりも1ページごとの表示のほうが区切りがはっきりしていて読みやすいって思いませんか? オレはけっこう気に入ってます。

この状態で上下フリックすると、また同じようなアラートが出て元の操作方法に戻せるんだね。うーん、よくできてる。

しばらくページを下にスクロールさせておいて、iPadの最上部、時計の部分をタップすると、高速でクルクルっとページ最上部に巻き戻る。でもって……

ポップアップで「Stay at Top」と「Return to Position」の2つの選択肢が出てきたね。前者はそのまま最上部の状態。「Return to Position」をタップすると、時計をタップしたときの位置、つまり先ほどまで読んでいた部分に戻ってくれるんですよ。これも気が利いてるよね。

こんな風にいろんな読み方ができるのがInstapaperの魅力の1つでもある。下手な電子書籍リーダーよりよっぽどよくできてると思うな。

STEP 6:ツイッターとRSSリーダーとの連携

はい、けっこう長々と機能の解説をしてきたけど、すべてはこのSTEP 6のための準備といってもいいね。そもそも、これをやるためにInstapaperを紹介したかったわけだからね。

うん、でもここまでくればあとはめちゃくちゃ簡単。たとえばRSSリーダーの場合。最近のオレのお気に入りアプリ「Reeder」でいってみようかな。

左ペインから記事を選んで、「おお、これはあとでゆっくり読みたい!」と思ったら右上の「四角に矢印」のアイコンをタップ。Reeder自慢の共有機能がたくさん詰まったポップアップが出てくるね。

右上の「I」アイコンがInstapaper。タップするだけで、いま見ているウェブサイトがInstapaerに送られる。ほんと、簡単なんてもんじゃないね。

次はツイッターの場合。同じく最近出たばかりでめちゃくちゃ気に入ってるTwitBirdでいってみるね。

はい、URLが入ったツイートを選んでリンクをタップする。上のようなポップアップが出るから「Instapaper」をタップ! ここでもやることはこれだけ。でもって、TIPSその2だね。

TIPSその2:InstapaperをRSSリーダーやツイッターと連携させる場合の用途は2つ。1つは資料やデータとして残しておきたいものを「ストック」する目的で使う。もう1つは、大量のRSSフィード(記事)やツイートを追いながら、気になったURLをバンバン登録して「あとで読む」ために使う。

Appendix 1:InstapaperをiBooksで読む!

最後にオマケを2つ。冒頭でアカウントを作成するために訪れたInstapaperのウェブサイトに戻りましょう。すでに、いくつかのサイトが登録されていることでしょう。さて、ここで画面右側の「Download」に注目。

一番右に「ePub」というのがあるよね。これをクリックするとファイルのダウンロードが始まる。ゲットしたファイルをiTunesの左ペイン「ブック」にドラッグ&ドロップしてiPadと同期。iPadのiBooksを開いてみると……

最上段左に「Instapaper」という本ができてるよね。中味がどうなっているか見てみましょう。

おおおおお、登録した全サイトが1冊の電子書籍になっているじゃない! 写真はすべてモノクロになっているけど、これはちょっとヤバイね。先のTIPS 1で紹介したオフラインリーディングは、このやり方でもOKってことでしょ。iPadでダウンロードするかわりに、ウェブサイトのePubをダウンロードしてiTunesに入れて同期すればいいんだからね。

電車の中で読む、最近クリップしたウェブ集。けっこうカッコイイよね。

Appendix 2:GoogleリーダーからInstapaperに直接保存!

GoogleリーダーにもInstapaperに記事を保存する機能が付いています。ページ右上の「設定」で「リーダー設定」を選び、一番右のタブ「送信先」でInstapaperにチェックを付けます。

Googleリーダーに戻ってそれぞれの記事の一番下にある小さな「→送信」をクリックすると、先の設定画面でチェックを付けたサービスの一覧が出てきます。ここでInstapaperを選べばOK! まあ、RSSリーダーを使っているならあまり使う場面はないんですけどね。

はい、今日はこれでおしまい。実は、来週中に書籍を1冊書き上げるという無茶なスケジュールを立ててしまったのね。出版社の方から最初にオファーをもらったとき、「いや、いま書籍の執筆を受けてしまうとブログがおろそかになるので」と固辞したオレに、担当の編集長(彼は元インターネットマガジンの副編集長!)は「それは本末転倒してますよ」と言った。

なるほどそうかと思って引き受けたんだけど、やっぱりけっこうヘビーだよね。でも、どちらもしっかりやろうと思ってます。では、また!

関連記事:

Trackbacks/Pingbacks

  1. 最強のソーシャルブックマーク&ウェブクリップ Diigoに夢中! - ZONOSTYLE - 2010年7月13日

    [...] 最近「Diigo」というサービスにハマってます。分類としては、以前このブログでも紹介したInstapaperを始めとする「ウェブクリッピング」の仲間なのかな? でも、DeliciousやGoogleブックマー [...]

  2. YouTubeのダウンロード&Dropbox、Evrenoteと連携するブラウザー 〜 iCab Mobile - ZONOSTYLE - 2010年10月17日

    [...] Instapaper:『Twitter&リーダー連携で大活躍! Instapaper完全ガイド』 [...]

  3. Delicious終了に備えて、Pinboardを使いこなす! - ZONOSTYLE - 2010年12月18日

    [...] 拙著の中では、Instapaperで手当たり次第にクリップしておき、整理の段階で重要と思われるものは、用途に応じてDeliciousかEvernoteに保存する方法を紹介した。 [...]

  4. ウェブクリップ最適化計画 〜 InstapaperからPinboard、Evernoteへの登録を自動化! - ZONOSTYLE - 2010年12月20日

    [...] 登場するサービスは3つ。ウェブクリップのInstapaperと、ソーシャルブックマークにEvernoteだね。拙著ではソーシャルブックマークにDeliciousを使っているけど、今回はそういうわけでPinboard [...]

  5. 匿名 - 2011年3月7日

  6. 『Instapaper』 - Web情報を保存し、まとめて読む | IT系サイドビジネス情報サイト - 2012年6月24日

    [...]  Twitter&リーダー連携で大活躍! Instapaper完全ガイド | ZONOSTYLE [...]

  7. Twitter&リーダー連携 Instapaper完全ガイド | ガジェット - 2013年2月9日

    [...] 引用元: Twitter&リーダー連携で大活躍! Instapaper完全ガイド | ZONOSTYLE. [...]

Leave a Reply