iPadソーシャル・ビデオアプリが熱い! 2「Tubulous HD」

 

前回の「Explore YouTube」はYouTubeというソーシャルメディアを活用したビデオアプリだったね。今回はあのポッドキャストが舞台。「え? ポッドキャストってソーシャルメディアなの?」って声も聞こえてきそうだね。答えはもちろん、YESです。

だれかがビデオをポッドキャストに登録する。視聴者は気に入ったものを「購読」する。これって基本的にブログのRSSフィードを購読するのと同じだよね。ただ、iTunesだけだと大元にポッドキャストを仕切ってるアップルがいたり、口コミ系の機能が弱かったりと、ソーシャル色はあまり感じられないのも事実。

そこで今日紹介する「Tubulous HD」の出番なんだね。こいつがどんな風にポッドキャストをおもしろくしてくれるのか、さっそく見ていきましょう!

Tubulous01.jpg

まずは、Tubulousというアプリの解説を少し。実はこいつ、アプリというよりはツイッターやFlickrのような1つのソーシャルメディアなんだね。じゃあどんなソーシャルかというとこんな感じ。

ポッドキャストから好きな番組を自分のチャンネルに登録して、そのチャンネルをメンバーとシェアする

つまり、YouTubeのようにビデオを投稿しあってそれをシェアするわけじゃない。ここがポイントだね。まず始めにポッドキャストという番組のデータベースありき。Tubulousはそれを補うためのソーシャルメディアってこと。

うーん、実際に使ってみた方がピンとくるかな? じゃ、いつものようにアプリを起動してみますか。

Tubulous02.jpg

まずはアカウントの設定から。このアプリではアカウントの取得が必須。初めてTubulousを使うという人は左の「Create Account」から登録してください。このアプリ、iPhone版もあったので、もしかしたら過去に使ったことがある人もいるかもね。そういう方は右の欄にスクリーンネームとパスワードを入れてログイン!

Tubulous03.jpg

うん、いよいよって感じだね。下の方に並んでる星印がポッドキャストのジャンルみたい。まずは手っ取り早くここから選んでみましょうか。おお、「HD Channels」というのがあるね。せっかくだから画質のよさそうなこいつにしようかな。

ズラリと番組一覧が出てきたね。オレの目に最初に飛び込んできたのは「The Apple Byte HD」というcnetの番組。これにしよう。タップするといよいよビデオの一覧が出てきたね。iPhone 4関連のがあったからこれをタップ!

Tubulous04.jpg

おお、ついにビデオが出ましたねぇ。Brian TongというキャスターがiPhoneや新しいMac Bookについていろいろ解説してくれてる。でも、せっかくのHDだからフルスクリーンで見たいよね。ビデオをタップして右端の外向き矢印をタップすると……

Tubulous06.jpg

うぉっ! これはもしやiPhone 4のケースでは? うーん、この番組おもしれぇ。もっと見ていたいけどレビューを進めなきゃね。ビデオをタップ&左上の「Done」をタップで、元の画面に戻ろうかな。さらに、左上のメニューを何度かタップして最初のHome画面に戻りましょう。

今度は「?」アイコンの「Search」を選んで、あの番組を探してみようかな。スティーブ・ジョブズの基調講演集ね。検索窓に「apple keynote」と入れてキーボードの「Search」をタップ!

Tubulous07.jpg

「Apple Keynotes」が出てきたね。先日のWWDC 2010など、ジョブズの主要な基調講演はこの番組で全部見られる。アップルファンにはおなじみの番組だね。じゃ、先日のiPhone 4を発表した講演を見てみようかな。

Tubulous01.jpg

来たねぇ。音声も画質もいい感じですよ。さすが本家のポッドキャストだね。じゃ、せっかくなんで最初のソーシャル機能を試してみましょうか。右上の「ハート」アイコンをタップ!

Tubulous08.jpg

はい、「Added Favorite」というポップアップが出たね。下の部分には「フェバリットリスト」と「ファブキャスト」にこの番組が登録されたと書かれている。「OK」をタップして、またHome画面に戻ります。

上から2番目の「Favorites」をタップすると……

Tubulous09.jpg

うん、先の「Apple Keynotes」がしっかり登録されているね。これっていわゆるブックマークみたいなものだけど、なぜこれがソーシャル機能なのか? それを確かめるためにもう一度「Apple Keynotes」をタップしてビデオ一覧を表示させましょう。

Tubulous10.jpg

リンゴアイコンの右下に「ustechnology」と書かれたボタンがあるよね。これがこのポッドキャストを登録したユーザーってことだね。最初に書いたように、このTubulousは

ポッドキャストから好きな番組を自分のチャンネルに登録して、そのチャンネルをメンバーとシェアする

ためのソーシャルメディア。ポッドキャストの番組が全部登録されているわけじゃなくて、ユーザーのだれかが登録したもののみTubulousで見られるんだね。つまり、ここで見つけた番組には必ず登録者がいるってこと。

じゃあ、「ustechnology」さんのボタンをタップしてみましょうか。

Tubulous11.jpg

はい、これはツイッターのプロフィール画面のようなものだね。アカウント作成時に写真を登録しておけば、ここにそれが大きく表示される。右上に「Friend」というボタンがあるよね。これをタップすると上のように「このユーザーをフレンドとして登録しますか?」と尋ねるポップアップが出る。

ツイッターならフォローって感じだね。詳しくは番組登録のところで出てくるんだけど、Tubulousには「全員に公開」「友だちだけに公開」「プライベート」の3種類の番組がある。ここでフレンド登録しておけば、相手の「友だちだけに公開」を見られるようになり、相手も自分の「友だちだけに公開」を見られるようになる。

さらに、右上の「My Channels」をタップすると……

Tubulous12.jpg

こんな風に「ustechnology」さんが登録したり、先に解説した「フェバリット」に入れたビデオが一覧表示されるというわけ。はい、説明のオチが長かったけど、Tubulousでフェバリットに登録するということは、だれかが自分のMy Channelをチェックしたときに、それを見つけることができるってことなんだね。

つまり、ブックマーク共有みたいなもの。最初は番組単位で楽しんで、そのうち、いい番組を登録しているユーザーとフレンドになる。これを繰り返すうちに、どんどんおもしろい番組が見つかるようになるってこと。ツイッターと同じような流れだね。まさにソーシャルですよ。

というわけで、自分が多くのユーザーからフレンド登録されるためには、いい番組をたくさん登録しておいたほうがいいよね。しかも、フェバリットじゃなくてまだだれも登録していないもののほうがいい。いいツイートをする人が多くの人にフォローされるのに似ているでしょ?

というわけで、新しい番組を登録してみましょうか。ここがこのアプリの醍醐味だと思うな。ちょっと面倒なんだけど、まずパソコンのiTunesに行きましょう。「iTunes Store」で「Podcast」を選んで、さらに右のメニューから「ビデオ Podcast」をクリック。好きな番組を選んで「無料購読」と書かれたボタンを押します。

iTunesの左ペインで「Podcast」を選ぶと、いま購読した番組が登録されているはず。この番組名を右クリックする。

appstore03.jpg

上のようなメニューが出るので、「PodcastのURLをコピー」を選びます。ここでEvernoteがあると便利なんだけどね。パソコンのEvernoteにペーストして同期。iPadのEvernoteでそれを開き、もう一度コピーって感じね。もしくはパソコンからメールでこのURLを送ってiPadで受信でもいいね。とにかく、iPadでこのURLをコピーできるようにするわけ。

iPadでコピーしたらTubulousを起動してHome画面が「My Channels」をタップ。さらに右上の「+」アイコンをタップすると……

Tubulous13.jpg

こんなポップアップが出ます。2番目の「Import a Feed or Podcast」をタップだね。

Tubulous14.jpg

「Import Feed」という画面の空欄に先にコピーしたURLをペーストします。キーボードの「Done」を押して上のように番組名が出てきたら大成功! この番組はまだ未登録ってことだね。自分が登録者になれる。

じゃ、いよいよ登録だね。キーボードがじゃまなので下げちゃいましょう。「Import」というボタンをタップすると……

Tubulous15.jpg

はい、先に書いた3つの分類、「全員に公開」「友だちだけに公開」「プライベート」をここで選ぶわけだね。とくに理由がなければ「Public」でいいと思うな。こいつをタップすれば登録完了だね!

ただし、もしすでにだれかが登録済みだと、「この番組はすでに登録されています。代わりにお気に入りに入れますか?」と尋ねるポップアップが出ちゃう。うん、競争は激しいわけですよ。いかに早くいい番組を見つけて登録するか。そこがTubulousで活躍するためのポイントってわけ。

ちなみに「+」ボタンを押したときに出てくる他のメニューは下記のとおり。

Create an Empty Channel:空のチャンネルを作成。あとから写真や音声、テキストを登録できる。

Import From Twitter:ツイッターのTLを読み込み。URLや# タグ付きのものに限られるみたい。

Import From Flickr:フリッカーの写真を読み込み。

はい、こんな感じかな。まぁ、積極的に番組を登録したりフレンドを作ったりしなくても、見るだけで充分楽しめるけどね。基本はいい番組を登録しているユーザーを追っていくのがTubulousを使いこなすコツ。価格は350円ですね。

それから、ここではビデオの話しかしなかったけど、ポッドキャストにはいろんな種類がある。一覧の右側に表示されるアイコンで見分けられるから、最後にそれを解説しておきますね。

映画などで使うガチンコアイコン:ビデオ

スピーカーアイコン:音声のみ

地球のようなアイコン:ウェブサイト

PDFアイコン:文書

てな感じですね。そういえば、オレが所属しているコンサル集団「JOYWOW」でもトークライブを定期的にポッドキャストに上げています。Tubuloousに登録するためのURLは

http://www.joywow.jp/podcast.xml

です。もしよかったら、このアプリのお試しに入れてみてくださいね。あ、もしくはアプリから「zonostyle」で検索していただくと出てきます。オレ、ガンガンしゃべってます。

さて、次回、最終回は独自のソーシャルを活用したビデオアプリをまとめて紹介しますよ。それぞれに特徴があってすごく個性的。ほんと、まだあるのかって感じだよね。飽きずにまた見に来てください。では!

関連記事:

No comments yet.

Leave a Reply