iPadを超ラジオに変えてくれる素敵なアプリ

 

iPadって触ればさわるほど、本当にいろんなことができるって思うね。そう、立ち上げるアプリによってまったく別の機器に変身してくれるかのよう。仕事でバリバリに使うとき、ワイヤレスのキーボードかなんかつないだiPadは、こちらが積極的にインプットするためのマシンになる。電子雑誌を読んでるときは、本のようでもあるしインタラクティブなメディアって趣もあるよね。ツイッターはどうなんだろう。「つながるマシーン」ですかね。

そんな中、こいつにはもう1つの姿があるよね。それは「放っておく」ってやつだね。よくあるのはフォトスタンド。ただただ写真をスライドショーで流すだけ。うん、この使い方も悪くないんだよね。でもって、最近発見した「放っておく」系の使い方が1つある。ラジオにして置いておくってやつね。なんか、これだけいろんなことができるマシンをラジオにしちゃうってのも贅沢な感じだけど、そこはやっぱりiPad。ただのラジオじゃ済みませんよ。

というわけで、今日のテーマは「iPadを超ラジオに変えてくれる素敵なアプリ」。いってみましょうか。

VURadio01.jpg

聴きたくない曲は飛ばし放題、いらないアーティストは消し放題

AccuRadio (無料)

最初に紹介するのはAccuRadio。iPhoneアプリとしてすでに愛用してる人も多いかもしれないね。最大の特徴は「曲のスキップができる!」ってことだね。ラジオなのに聴きたくない曲を飛ばせるってものすごく画期的だよね。

さらに、iPhone版にはなかったグラフィカルな演出も加わって、パワーアップしたAccuRadio。やっぱりiPadに載ったら、単なるラジオの枠には収まらなくなるってことかな。最初に起動するとこんな画面が。

AccuRadio01.jpg

まだ音は鳴りません。左ペインの「Genres」(ジャンル)をタップ! アルファベット順に50以上の音楽ジャンルが出てくるね。ここから番組を選んでいくわけだ。おお、「Beatles」ってジャンルがあるじゃない。こいつをタップして、さらに一番上の「Beatles Plus」をタップ!

AccuRadio02.jpg

出ました! なんと記念すべき最初の曲は、オレが大好きなジョージ・ハリスンの2枚組アルバム『All Things Must Pass』から『Awiting on You All』だぜ。すごいね。iPhone版ののっぺりとした見せ方とはひと味違う感じがする。やっぱり画面の大きさって重要なんだね。もっと聴いていたいけど、こいつの「スキップ」機能を試すためにどんどん飛ばしていこうかな。

AccuRadio03.jpg

はい、飛ばしに飛ばしているうちに、なんとジミヘンのカバー版『Day Tripper』が出てきちゃったよ。画面ショットにはピッタリだからここでストップ。はい、どうでしょう。飛ばした履歴が残っているのがわかります? ジミヘンの後にたくさんのジャケットが連なってるよね。iPodでの操作のように、これらのジャケットもフリックで全部たどれますよ。

でもって、もう1つのうれしい機能がこれ! 右下の人型アイコンをタップすると……

AccuRadio04.jpg

はい、今度はアーティストのリストが出てきたね。しかも「ON」と「OFF」が選べるみたいだ。そうなんです。ここで「聴きたくないアーティスト」にOFFを付けておくと、番組で流れなくなるってわけ。スキップだけじゃなくてアーティストキャンセルもできちゃう。まぁ、贅沢な機能満載だよね。まさに、「マイ・レディオ・ステーション」がカスタマイズできるってこと。

はい、主な機能というかこれがすべてですね。ラジオだからそんなに複雑じゃありません。iPhone版からよく使っているけど、このアプリだとやっぱりおすすめはビートルズ系かな。皆さんもぜひ、お気に入りの番組を見つけて、アーティストもカスタマイズしてみてください!


ラジオで気になったアーティストをビデオでもチェック!

ActionRadio (無料)

続きまして、最近見つけたちょっといい感じのアプリがこれ。iPhone版はなく、iPadでデビューした新人だね。こいつの売りは「ビデオとの統合」。いろいろ説明するより、実際の画面を見たほうがわかりやすいので、さっそくアプリを立ち上げてみようね。

ActionRadio.jpg

はい、なんとなく先のAccuRadioに似てるね。まだ音は出てませんよ。お、左ペインの上部に検索窓があるね。

ActionRadio02.jpg

せっかくなんで、まずはここにキーワード入れてみましょうか。「Bossa」なんてどうかな。

ActionRadio03.jpg

おお、出たねぇ。ボサノバだけでこんなに番組があるなんて驚き! 「Bossa Nova Jazz – SKY FM」をタップしてみようかな。はい、曲が流れてきましたね。いい感じですよ。さて、右の画面に注目。なんと、こちらもオレの大好きなセルソ・フォンセカの『Consolacao』というタイトル。ん? でも流れている曲とは違うなぁ。

しかもなにやらYouTubeのサムネイルぽい写真がいくつか並んでる。もしや、これはセルソ・フォンセカのビデオなのか? ちょっとフリックしてみてよさそうなのをタップ!

ActionRadio04.jpg

うぉー、本当にビデオが流れ始めたよ。たぶん、YouTubeかなんかにあるヤツだね。いつのまにかラジオの音は止まってます。はい、これがこのアプリの面白いところ。ラジオを聴きながら、関連するビデオも楽しめちゃうって代物ですよ。

ただし、再生されてる曲とビデオがまったく違うんだよね。いろいろ番組を変えてみたんだけど、合ってるときもあればそうでないときもある。どういうタイミングで更新されるのかはまったくもって謎。うーん、ちょっと寛容にならないとダメみたいだね、このアプリの場合。

まぁ、でも先のセルソ・フォンセカは選らんだチャンネルにぴったりのアーティストだったし、ま、いっかって感じで。このままでも充分楽しめるけど、やっぱり曲とシンクロしててほしいよね。アップデートに期待しましょう。

右のウィンドにあるラジオ番組名の左、☆印をタップするとお気に入りに登録できる。左下のツールバーから「Favorite」を呼び出すとリストが見られるよ。

ActionRadio05.jpg

ちなみに、先ほどは検索で番組を探したけど、左ペインの上にある「Genre」をタップすると音楽ジャンルで探せる。こんな感じだね。

ActionRadio06.jpg

これね、数えててイヤになったんだけど、ざっと1000以上あるよ。ジャンルがだよ! どこまで細かく分けるのって感じだよね。とくにワールドミュージック系の分類がすごいね。Arabic、Celtic、Chill、Chinese……。あとで、ゆっくりチェックしてください。これだけあれば好きな番組が見つかること請け合い。変なタイミングで表示されるビデオも一応はジャンルに適合しているから、ラジオと同時に楽しんでみてね!

懐かしの「エアチェック」が楽しめる録音機能付きラジオアプリ

Pocket Tunes Radio (600円)

さて、最近の若い方はさておき、40代のオレたち世代なら「エアチェック」って言葉を覚えているよね。いまではまったく使われなくなったこいつの意味は、「ラジオで音楽番組をカセットテープに録音する」ってこと。このアプリを見たときにね、ふと思い出したよ。「そうか、ラジオって録音してたよね!」。

なにはともあれ、起動してみましょう。

PocketTunes01.jpg

はい、これが最初の画面。左ペインでいろいろ選べそうだね。最初の「Featured」を選んでみようかな。おすすめ、特集みたいな感じだろうね。

PocketTunes02.jpg

ほうほう、右ペインに番組一覧が表示されましたね。もちろん、知らない番組ばかりなので、第六感で「Handz On Radio」をタップ! おお、これはポッドキャストの番組だね。そう、このアプリはポッドキャストに対応している。そこも魅力の1つですよ。

エレクトリック・グルーブ系のCool!な曲がガンガン流れてるね。よっしゃ、ここで一発、録音というかエアチェックにトライしてみましょうか。操作方法は簡単。上のコントローラーから赤の丸ボタンをタップ!

PocketTunes03.jpg

はい、「赤い丸」ボタンが「赤い四角」ボタンに変わったのがわかりますか? さらにその右下に録音時間がリアルタイムで表示されてる。録れてるってことだね。1曲分再生が終わったら、再び赤い四角をタップ。左ペインから「My Recording」を選んでみると……

PocketTunes04.jpg

お、ありましたね。録音リスト。曲名ではなく番組名になっている。ということは、同じ番組の楽曲を複数録音したらどれがどれかわからなくなりそうだね。ま、ラジオなんであんまり固いことはいいっこなしかな。

ま、とにかく無事にエアチェックができるってことで。どういう使い道があるかはちょっと自分でも謎ですが、話のネタにはいいでしょ? あと、知らない曲で「これいい!」なんてのがあったら、すかさず途中でもいいからエアチェック! でもってあとで再生しながら、iPhoneのShazamMidomi SoundHoundあたりで曲名を調べるってのはどう?

あと、このアプリ、日本のラジオが聴けるんですよ。うん、これもけっこううれしい部分。左のペインから「Browse by Country」を選びます。ずらーっと世界中の国名が出てきます。日本は下から2番目。米領サモアの前だと。ま、とにかく日本をタップ!

PocketTunes05.jpg

はい、出てきましたね。湘南ビーチFMやJ-Wave、TBSラジオなんかがあるじゃない! さっそく湘南ビーチFMをタップしてみると、おお、ちゃんと聴けるね。ただし、なぜかJ-Waveは聴けない。TBSは? あらら、ウェブサイトに飛んじゃったね。しかもなにも表示されない……。

けっこうこのアプリがアバウトだってことがだんだんわかってきたね。まぁ、日本以外の世界中のラジオを楽しめるって考えたほうがいいのかな? いろいろ聴いてみたけど、アイルランドの「Dublin City FM」がけっこうイケてたよ。

無料のラジオアプリが多い中、こいつは600円とかなり高飛車。オレはけっこう満足してるけどね。あと、このアプリってシリーズになってて、今回紹介した音楽系以外にも、ライフスタイル版、スポーツ版なんかがある。興味のある方はこちらもチェックしてみてね。

最高のルック&フィール、放っておくラジオならこいつで決まり!

VU Radio – iPad Edition (115円)

このレビューのトリを飾るのは、AccuRadio同様にiPhone版でも有名なVU Radio。正直いってiPhone版を見たときはいまほどの衝撃はなかったんだよね。デザインはほとんど同じなのに。やっぱり、このインターフェイスってiPadの大画面を待っていたんだと思うな。ほんと、見てるだけで退屈しませんよ。間違いなくこいつは、放っておくラジオアプリのイチオシだね。

VURadio02.jpg

これが最初の画面。ちょっと暗くてマシンはオフって感じの雰囲気。このあたりの演出がたまらない。右上にある本のアイコンをタップしてみましょうか。

VURadio07.jpg

はい、この画面で番組を探すんだね。上の画面は「トップ500」。人気の番組を探すならこれだね。あるいは「ジャンル」から選ぶもよし。もしくは検索だね。

いい機会なので、オレのおすすめの番組を紹介しましょう。これはすごい会議の大橋禅太郎(ツイッター:@sugoikaigi)から教えてもらったんだけど、「JAZZRADIO.com」ってのがいいよ。オレは中でもBossa Novaチャンネルが好き! けっこうマニアックな選曲で、このジャンルに詳しい人も大満足だと思います。

そうそう、先に紹介したPocket Tunes RadioとActionRadioでも検索するとこの番組が出てきます。最初のAccuRadioは自社の番組のみ放送しているからもちろんダメね。

というわけで、検索キーワードは「JAZZRADIO.com」にしてみた。

VURadio03.jpg

出てきたね。同じJAZZRADIO.comでもこれだけのジャンルが揃ってる。どれもクオリティー高いですよ。じゃ、さっそくオレのお気に入り、Bossa Novaチャンネルをタップしてみましょうか。

VURadio04.jpg

ほらね! いきなりジョアン・ジルベルトの『Na baixa do Sapateiro』なんてマニアックな曲がかかってるでしょ。これ、アルバム「Joao Gilberto」の3曲目、インストというかジョアンでは数少ないギターソロの曲だよ。

はい、曲のすごさに気を取られていて重要なことを書くのを忘れてたよ。見てください、このインターフェイス。ね、真ん中にアナログなVUメーター。それを挟むように両側にはJBLのロゴ入りスピーカーが置かれてる。しかもこのスピーカー、音に連動してウーハーが動くんだよ!

どうだろう。iPadを使わないときはスタンドに立てかけるとかして、この画面を出しっぱなしでネットラジオを聴きまくる。うん、そうなるとまさにiPadは24時間駆動になっちゃうね。

さて、番組が気に入ったら左上の「+」ボタンを押してブックマークに登録しておける。こんな感じですね。

VURadio06.jpg

「ブックマークに追加」が番組の登録。「お気に入りの曲に追加」は楽曲データを保存。ただし、曲の情報を保存してもとくに使い道はない。自分のための好きな曲リストとして貯めておくくらいかな。なにせ、ラジオだからね。タップして再生とはいかない。

それはさておき、上の画面でちょっと気になる表示があるよね。曲名の代わりに電話番号が出てる。はい、これって広告なんだね。もちろん、アプリじゃなくてJAZZRADIO.comから配信されているものね。オレはこれを見てて「あ、ラジオってデジタルサイネージとくっつくとおもしろいかも」と思った。これまでも見えるラジオなんてのがあったけど、表示機器がiPadとなるとスケールがでかくなるでしょ。

iOSで対応する「iAd」なんかもこういうところで使えるかもね。ただし、そのためにはこのアプリのように「ラジオだけどつい見ちゃう」って工夫をしなきゃダメ。そういう意味でも、このVU Radioにはいろんな可能性が秘められてると思うわけです。

と、ちょっとビジネスライクな話になってしまったけど、そういうの置いておいてもiPadの超ラジオアプリ(ラジオを超えるという意味で)はおもしろくなりそう。これからも追っかけていきたいね。というところで、本日はおしまい。長いブログにお付き合いいただき、ありがとうございます!

関連記事:

3 Responses to “iPadを超ラジオに変えてくれる素敵なアプリ”

  1. coolswan 2010年9月7日 at 12:27 AM #

    どうもです。
    中国の人で昔日本に留学したことがあります。
    大阪在住で野球好きなので阪神ファンになりました。
    でも中国に戻ってから野球中継がありません…とほほ
    せめてラジオだけでも…と思っていろいろ探ってみましたが、なんか日本のラジオを聞けるアプリがなかなかありませんね。
    確かただでrajika.jpとかいうアプリがあったが、地域限定ですので無理です…

    何か日本のラジオチャンネルを聞けるアプリ(関西だけでいいですから(笑))がありましたら、メールして教えていただけませんでしょうか…お願いします。

    • zonostyle 2010年9月7日 at 1:37 AM #

      coolswanさん

      ブログにコメントありがとうございます! ZONOSTYLEの倉園です。

      日本のラジオを聴くのであれば、このアプリが一番です。
      radico.jpといいます。

      http://itunes.apple.com/jp/app/radiko-jp/id370515585?mt=8

      無料なので、ぜひ、お試しを!

      では、また遊びに来てくださいね。

Trackbacks/Pingbacks

  1. 超ラジ 保存について、みなさんは、どう思いますか? | 話題のキーワード調査隊情報ブログ - 2010年9月6日

    [...] iPadを超ラジオに変えてくれる素敵なアプリ – ZONOSTYLE追加」は楽曲データを保存。ただし、曲の情報を保存してもとくに使い道はない。自分のための好きな曲リストとして貯めておく [...]

Leave a Reply