iPad Twitterアプリ-4「TwitRocker」

 

先に紹介した「TweetParakeet」と同様に、国産で高い評価を得ているアプリがもう1つある。一度見たら絶対に忘れない、リーゼント鳥がギターを担いだアイコンの「TwitRocker」だね。名前もスゴイけど、中味も素晴らしいよ。ちょっと触っただけで、日本人好みの優れものだってことがすぐわかる。@TwitRockerJpというツイッターアカウントでユーザーの声に日々耳を傾けて、ここまで進化してきたんだろうなって思うね。

うん、もし迷ったらとりあえずこのアプリのフリー版を入れてみるのがおすすめ。そのくらいちょっと惚れてるTwitRockerを紹介しましょう!

TwitterDT03.jpg

必要な機能をなんでもかんでも入れればいいってもんじゃないけど、「なぜこれができないの?」ってすごく謎なアプリも数多い。そんな中、そういう不満をもっとも感じなかったのがこいつだね。作ってる人がツイッターをよく知ってるって感じがすごくしますよ。

無料版と600円有料版の2種類があるのもうれしいね。無料版は「マルチアカウント」や「bit.lyのユーザー設定」など、いくつかの機能が使えないけど、基本的に機能を試すにはまったく問題ない。たぶん、2、3日使えば、かなり納得して600円払っちゃうんじゃないかと思うね。

さて、じゃあいつものTL(タイムライン)から見ていきましょうか。アカウントを設定するとこんな感じの画面が出てくるよ。

TwitRocker01.jpg

うん、第一印象はいいんじゃないですか。画面は大きく3つの部分に分かれている。左ペイン上が自分のプロフィール。下が登録してあるリスト。そして右ペインがTLを始めとするツイート画面だね。この上には「Timeline」「Mentions」(自分宛の返信)「Mine」(自分のツイート)「DM」「Favorites」のメニューが並ぶ。通常はこの右ペインに操作が集中する感じだね。

アプリというのは開発者の哲学がすごく見えるもので、ここでは「リスト」に重きが置かれているのが一目瞭然だよね。うん、こいつには「リスト派のためのアプリ」って趣がある。

この画面でちょっと注目したいのは右下の「API 308 / 350」って数字だよね。これはツイッターの制限で、1時間に最大350回までしか外部アプリケーションからツイッターにいろんなリクエストを送れないようになってる。簡単にいえば、この数字の左側がゼロになってしまうと、一定の時間が経つまでツイートを読み込めなくなってしまうわけだね。この数が目に見えるってのはいいよね。渋いけどうれしい機能です。

さて、いきなりだけど、ちょっと濃いところに入っていきますよ。右下に見える歯車アイコンをタップして、設定画面を出します。

TwitRocker02.jpg

画面下のメニューから「表示」を選ぶと、背景の色や文字色、フォントスタイルやサイズまできめ細かに設定できるんだね。個人的にこういうカスタマイズが好きだからちょっと感動しましたよ。「未読背景」「未読ツイート文字」とあるってことは、当然、未読と既読が色分けされるっとことだよね。オレ的には未読背景は初期設定のままで、未読の文字を紺色にしてみた。

TwitRocker03.jpg

はい、上の画面はすべて未読ってこと。すごくわかりやすいよね。ちなみに、この表示設定画面には「ハートバッジ」というのがある。もし、自分がフォローしているユーザーで、相手が自分をフォローしてくれていない「片想い」状態の人がいたら、アイコンの下にヒビの入ったハートマークが表示される。ある意味便利といえば便利だけど、「そんなの見たくねぇ」って人はオフにしておきましょうね。オレ? もちろんオフですよ。

さて、まだまだ設定画面のまま、今度は「更新設定」を選んでみる。

TwitRocker04.jpg

はい、ここも実は先の未読、既読の表示に深く関わっているんだね。「自動設定」の項目がポイント。ちょっと意味がわかりづらいものもあるので、箇条書きにしてみようかな。

  • 自動スクロール:ツイートを読み込んだときに最新のツイートを表示。つまり、一番上まで自動的にスクロールするってことだね。TLをゆっくり動かして見せてくれるって意味じゃない。パソコン版のHootSuiteの動きといえばわかりやすいかな。オフにするとツイートを読み込んでも画面の表示は変わらなくなる。
  • 自動更新:ツイートの読み込みを自動で行う。
  • 自動更新間隔:上の読み込みの間隔を決める。30秒から330秒まで30秒単位で設定可。
  • 自動既読:既読の表示(初期設定なら背景が薄い黄色)を一定時間が経過したら自動的に既読(初期設定で背景白)に変える。
  • 自動既読間隔:上の一定時間を設定する。0秒から120秒まで5秒単位で設定可。

つまり、これらをうまく組み合わせることで、iPadをフォトスタンドのように置いておき、ツイートの流れをぼんやり眺めてる、なんて使い方ができるわけですよ。うん、既読、未読の扱いがとてもユニークだと思うな。ただし、フォロー数が多くてツイートがガンガン流れるような人は、更新も既読も自動にしないほうが使いやすいかもしれないね。

ちなみに、手動で未読を既読にするには、下のチェックマークのようなアイコンをタップすればOK。そうね、やっぱり手動のほうがいいかな。好みでしょうね。

ツイートの投稿や返信に行く前に、せっかくだからもう1つの設定画面も見ておこうかな。

TwitRocker05.jpg

はい、ここがそのツイートの投稿や返信に関わる部分だね。「非公式RT」は、書式が「RT @ユーザー名: 元ツイート」のヤツだね。オンにしておくとTL上のツイートをタップしたときに「ReTweet(非公式)」のメニューが出る。その下の「Quote」はいわゆる「引用して返信」で、先のRTがQTに変わった書式になる。これも、オンにすると「Quote Tweet」のメニューが追加されるよ。

一番下の「bit.ly アカウント」はオレにとって必須の機能だね。これもアプリ選びで重要な要素になってる。URLの短縮なんだけど、bit.lyのサイトでアカウントを作成しておくと、あとでツイートに挿入した短縮URLがどのくらいクリックされたかがわかるんだね。ほんと、これ見て安心しましたよ。

さて、こんな感じで設定をしておいてだね、TL上の返信やリツイートしたいツイートをタップしてみましょうか。

TwitRocker006.jpg

はい、先の設定画面で全部オンにするとこんな感じになります。「全員に返信」もちゃんとあるね。素晴らしい。冒頭で「日本人好み」って書いたけどこのアプリ、RT(非公式)の際に、カーソルが「RT」の前に半角空けた位置に来るんだよね。そう、「前」ってのがポイント。海外のアプリだと最後尾に来ちゃうでしょ。自分で冒頭に持ってかなきゃならない。地味だけどポイント高いですね。

返信に関するメニューの下にはツイートに含まれるユーザー名が並ぶ。これをタップすると、プロフィール画面。もちろん、フォローやフォロー解除もできるよ。さらにその下にはツイートに含まれるURLだね。これをタップすると……

TwitRocker07.jpg

はい、右ペインにウェブサイトが表示されたね。ここにもちょっと気の利いた機能があるよ。右下の一番左の「メモ+鉛筆」アイコン。これをタップすると「URL」「タイトル+URL」の2つのメニューが出てくる。さらにこれらをタップすると、ツイートの投稿画面が出てきて、URLもしくはURLとタイトルが挿入されてるんだね。

だれかのツイートで見つけたウェブサイトをさらにツイートする。RTじゃなくてね。そんなときに使える機能。情報がどんどん広がっていく、そんなイメージが湧いてくるよね。いいと思います。

さて、お次はツイートの投稿画面。これがまたよくできてるんだよ。画面右上の「メモ+鉛筆」アイコンをタップ!

TwitRocker08.jpg

はい、ここはこのアプリの売りといってもいいところなんで、細かく見ていくよ。キーボードの上に並んだ5個のアイコン。うん、ツイート投稿に必須のアイテムが揃ってる感じがするね。まずは右から「ドラフト」ね。下書き保存ってヤツだ。新規ツイートを書きかけで「閉じる」をタップすると保存か破棄かを尋ねられる。保存を選ぶと、最初の数文字がプレビューできる形でこのリストに追加されるわけだね。続きを書くならリスト項目をタップするだけ。これはラクですよ!

その隣のカメラマークのアイコン。これはたぶん画像の投稿だろうね。タップしてみると……

TwitRocker09.jpg

おお、その場でカメラロールの写真がサムネイル表示されるんだね。あとは、送りたい写真をタップするだけ。画面の転換なしに送信が完結するのがうれしいね。ツイートには「yfrog」という写真投稿サイトのURLが自動的に挿入される。

さて、ここまで「ここがほしい!」なしで来たTwitRockerだけど、ちょっとこの画像投稿にはいくつかのリクエストがあるね。まず、画像投稿サービスを自分で選びたくないですか? 「Twitpic」とか「Flickr」とかね。ぜひ、アカウントを設定できるようにしてほしいな。

さらにさらに、こっちのほうが先かな? ツイートの文字数カウンターが画像投稿用のURL分を数えてくれないんだよね。調子に乗って140字いっぱい使っちゃうと、URLの文字数分ツイートが削られてしまうってわけ。やっぱり、画像を選んだ瞬間にURLが挿入されて文字数もカウントされなきゃダメだと思うな、うん。というわけで、「ここがほしい」書いときます。

<画像投稿画面のここがほしい!>

  • いつも自分が使っている画像投稿サービスを選べるようにして!
  • 画像投稿用のURLを先に挿入して文字数カウントに反映して!

はい、次は人型アイコンをタップね。これもすごいよ。

TwitRocker10.jpg

これは「@ユーザー名」を自動挿入するためのメニューだね。おなじみ、JOYWOWの阪本啓一を呼び出してみようかね。「kjoywow」の「kj」まで入れたところで出てきたね。入力した文字が含まれるユーザーがざっと出てきて、さらに文字を入れるたびに絞り込まれていく。候補はフォロワーとフォローしている人に限られるみたいだね。これも便利ですよ。

次はハッシュタグね。「#」アイコンをタップすると……

TwitRocker11.jpg

はい、こんな風に候補が出てきます。これは一度でもツイートしたことがあるハッシュタグが一覧表示されるってわけだね。あらかじめ登録しておくことはできない。とにかく、最初の一度だけ手打ちでハッシュタグを入れる。二度目からは一覧から選ぶもよし、検索窓に数文字を入れて絞り込むもよし、まさに入力補完ですね。

おおそうだ。このアプリ、ハッシュタグの自動挿入の際に、ちゃんと直前に半角スペース入れてくれますよ。あたりまえっちゃ、あたりまえだけどわかってる感じするよね。

一番左の「URLを短縮」は、ツイートにURLがある場合にタップすると短縮してくれる。先に紹介した設定画面でアカウントを登録しておけば、bit.lyのサイトでクリック数などを確認もできる。うん、まさにいうことなしって感じだね。

あと、細かいところだけど、キーボード右上の「クリア」ボタンが地味に便利ですよ。何文字が書きかけて「ああ、やっぱこのツイートやめよう」なんて思ったときに、クリアをタップすれば一発で白紙に戻せるからね。

左ペインの下の「リスト」は、「+」アイコンでアプリから新しいリストが登録できるし、登録したリストのどれを表示させるかも選べる。このあたりの配慮もうれしいね。

最後に、右ペインの下にある検索アイコンをタップしてみましょうか。

TwitRocker12.jpg

すでに3つの検索項目が登録されているんだけど、これは過去に検索した項目ってことだね。うん、単純なキーワードからハッシュタグ、ユーザー名まで、ここで検索しておけばいつでも呼び出せるというわけだ。さらに、リスト内の項目を左にフリックすると「削除」ボタンが表れて消すこともできる。「クリア」をタップすると、すべての検索項目が消去できる。うーん、ほんとよくできてるよね。

本来なら、ここで「保存した検索の呼び出しがほしい!」と書きたいところなんだけど、そもそも本家ツイッターのウェブでは10個までしか登録できない。それなら、このアプリで好きなだけ登録しておけばいいわけだからね。このままで充分でしょ。いいと思います。

最後に1つだけ贅沢な?リクエストしておこうかな。

<全体通してここがほしい!>

  • Read It LaterやInstapaperなどのウェブクリッピングを入れて!

はい、こんな感じかな。これまで過去に3本のTwitterアプリをレビューしたんだけど、もっとも不満というか「これがほしい!」が少なかったな。画像投稿だけだものね。もちろん、バグというか挙動不審な部分はいくつかあるよ。たとえば、ツイートの送信中に読み込まれないツイートがあるとか、画像投稿の際に「メディアが見つかりません」とエラーが出るとかね。

そういう不満も、これを見るとちょっと落ち着いてくるわけですよ。「TwitRockerのサポートページ」ね。いわゆるツイッターなんだけどね。まぁ、すごい数のやりとりをユーザーとやっているよね。しかも、ここで挙げたような不具合に対して、「対処します」とコメントしてくれてる。やっぱ、こういうアプリと長くつき合っていたいと思うね。評価めちゃくちゃ高いです。

そんな感じで今日はおしまい! もうちょっと軽めのレビューにすれば本数もさばけるんだけどね、書き出すと止まらない。ま、いっか。

関連記事:

3 Responses to “iPad Twitterアプリ-4「TwitRocker」”

  1. @Dettori_Magic 2010年6月6日 at 10:52 AM #

    こんにちは!
    これ無料版インストールしてるのですが
    この記事をマニュアル代わりにします!

  2. zonostyle 2010年6月7日 at 1:24 AM #

    お役に立ててうれしいです。なにか疑問などありましたら、コメント欄やツイッターアカウント宛てにいつでもお尋ねください。これからも、よろしくお願いします!

  3. @Hitsuji_Otoko 2010年9月25日 at 3:34 AM #

    こんばんは。
    TwitRocker の解説ありがとうございました。
    現在、FREE版を使っています。
    TwitRocker の設定で、フォローして頂いている方のみ自分のTLを見られるような設定ってできないのでしょうか?
    たまにアイコンに鍵の絵がついているのを見かけるのですが、どうやって設定しているのかわからなくて…。

Leave a Reply