iPad WiFi活用術-3 便利アプリ活用編

 

iPad WiFi活用術の締めはやっぱりアプリだよね。WiFi関連はまだiPhoneアプリほど種類はないけど、オレが愛用しているのを2つほど紹介します。1つは無料のホットスポットを見つけられるアプリ。もう1つは気になる通信速度を測ってくれるアプリ。

自宅の802.11n設定もソフトバンクWi-Fiスポットの設定も終わって、あとはこのアプリをゲットすれば、かなり快適なWiFiライフが送れると思いますよ!

WiFiget01.jpg

気になる通信速度をガンガン計測!

Speed Test for iPad (115円)

せっかく802.11nの高速無線ルーターを入れたんだったら、どのくらいの速度が出てるか測ってみたいよね。あと、外出先のフリースポットでもそう。なかにはものすごく質の悪いスポットもあるからね。だったら3Gのほうがまだましってな感じで。

そんなときに便利なのが「Speed Test for iPad」。値段も115円と格安だね。使い方は至って簡単。右下の「Star Test」をタップするだけ。こんな感じだね。

speedtest.jpg

計測結果はダウンロードスピード(下り)とアップロードスピード(上り)などが表示される。左ペインは計測の履歴だね。オレの自宅は集合住宅のフレッツ光なんだけど、下りで21Mbps、上りで1.2Mbpsって感じだね。まぁ、充分な速度だと思います。

同じスピードテスト系で「SpeedtestX HD」という無料のアプリがある。こっちはなぜか結果が遅めに出るんだよね。自宅で同じ条件で測ってみたら下りが2.5Mbpsくらい。「iPad WiFi活用術-1」で紹介した「スピードテスト」の結果が20Mbps前後と、Speed Test for iPadに近い値を出してる。うーん、どちらが正確なんだろう?

ちなみに、iPhoneアプリのChekMyTubes(無料)でiPhoneの通信速度を調べたら7.5Mbpsくらい。やっぱり、802.11nのiPadがiPhoneより遅いってのは違うような気がする。まぁ、正確なところはわからないけど、速めに出る方が気分いいから、オレはこっちを使ってるってわけです。

近くにある無料のホットスポットを一挙に表示!

WiFiGet HD (230円:期間限定の50%オフ価格)

でもって最後に紹介するのが、外出先で無料のWiFiスポットを探すのに重宝するアプリだね。その名も「WiFiGet HD」。いまなら半額の230円だから早めに買いだと思うな。

こちらも使い方はいたってシンプル。起動するとアプリが位置情報を取得して、近くにあるフリースポットをドーンと一覧表示してくれる。地図部分はたぶん、Googleマップを使っているんじゃないかな。画面はこんな感じ。

WiFiget01.jpg

フリースポットの位置にピンが立ち、タップすると→が現れてスポットの電話番号や住所が表示される。オレの自宅周辺にこれほど多くのフリースポットがあったなんて、ほんと驚きだね。

この手のアプリはずいぶん探したんだけど、現時点で位置情報を元にフリースポットを表示してくれるのはこれしか知らない。海外ものならたくさんあるんだけどね。起動すると、「この場所には登録されたスポットはありません」なんて出てくるだけ。

まぁ、これだけで充分といえば充分なんだけど、もしほかにいいのがあったら、ぜひ教えてくださいね!

というわけで、3部にわたって書いてきた「iPad WiFi活用術」はこれにて終了。また、新しい情報をゲットしたら続報を書きます。毎日のようにいろんなアプリやサービスが登場するから、追いかけるのが大変。それがまた楽しくもあるんだけどね。では、また!

関連記事:

No comments yet.

Leave a Reply