なにがどんだけ違うんだ? iPhone 4 vs iPhone 3GS

 

先日のiOS 4のリリースも大事件だったけど、昨日、6月24日もビッグな日だったね。なんといっても、待ちにまったiPhone 4の発売日だからね。15日にソフトバンク尾山台店で6番目に予約をしたオレもなんとかゲットできた。

さてこのiPhone 4、3GSと比べてどれだけの違いがあるのか? 正直な感想は「すごく違う!」だね。まず、手触りが全然違う。画面の見え方もかなり違う。そしてなによりも、iPhone 4のパフォーマンスというかサクサク感に驚いたね。やっぱり、今日はそのあたりを書かなくちゃだよね。

【外観の違い】3GSより9 .3ミリ薄く、横幅も細くなった

まずは外箱から。箱がどう違うかなんてどうでもいいといえばいいのだけどね。やっぱりiPhoneといえばパッケージのおしゃれさがあるじゃない。一応、こんな感じです。ソフトバンク尾山台店で手続き中に撮った開封直後の写真がこれ!

デザインやルック&フィールは3GSと同じ感じ。でも、本体が小さくなった分だけ箱も若干小さめ。わざとやってるとしたらすごいね。

次に厚さ。わずか数ミリの違いなんだけど、手に取った感じはかなり異なる。3GS はわりとガッチリした感触だったけど、iPhone 4はもっと繊細だね。どちらかというといわゆる日本の薄型携帯電話に近いかな。

次に全体の大きさ。画面サイズはほぼ同じだけど、ボディーの横幅はかなり細くなってるね。比べるとこんな感じ。

縦幅はそれほど変わらないかな。でも、この横幅が細くなったことで大きなメリットが1つあるね。オレは片手でiPhoneを持って親指でアイコンをタップする。3GSの場合、この操作法だと右上のアイコンが遠いんだよね。横幅がやや狭いiPhone 4ならかなり楽にタップできるよ。

【ディスプレイの違い】やっぱりRatinaディスプレイはすごかった

次に画面の見え方ね。ボディーの形状以上に、衝撃が大きかったな。とくにフォント。iPhone 4で最初に使ったアプリはTwitBirdだったんだけど、ツイートしようと思って最初の数文字を打った瞬間に「すげぇ」と思ったね。

とにかく、文字が繊細。針の先で書いたかのように細くて滑らかな感じがする。これは写真だとわかりにくいんだけどね。一応、2台並べて撮ってみました。

どちらもSafariで最大まで文字を拡大したところ。まずは、答えを見ずに左と右のどちらがiPhone 4か当ててみてください。本当に微妙な違いなんだけどね。「造」という字の「口」の部分、とくに中側あたりに違いが現れているかな。

はい、左がiPhone 4です。ちなみに、TwitBirdのツイート作成画面のショットがこれ!

ね、滑らかですよね。あと、3GSよりも若干細めだと思うな。とにかく美しくて文字を打つのがすごく楽しくなったね。

【パフォーマンスの違い】CPUとメモリーの差はけっこうでかい

次は処理能力だね。iPadと同じ「A 4チップ」を搭載したiPhone 4の実力やいかに。今回のテストに使ったのは「Geek Bench 2」(600円)というアプリ。ベンチマークだけじゃなく、システムの情報も表示してくれる便利なやつだね。

どちらのiPhoneも一度電源をオフにして、どのアプリも起動していない状態からテストを行った。まずは3GSのシステム情報から。こんな感じだね。

CPUは600MHzでメモリーは253MB。これはアプリの実測値であって、いわゆる本体の実スペックとは違いますね。メモリーは「256MB」といわれてます。でもってベンチマークの結果は?

右の大きな数字が大きければおおきいほど処理能力が高いということだね。いろんな数字が並んでいるけど、まぁすごく大雑把に「279点」であると。

次にiPhone 4ですね。まずはシステム情報から。

CPUの値はこのアプリでは計れなかったけど、CPU、メモリーはそれぞれ「1GHz」「512MB」といわれている。はい、気になるパフォーマンスは?

おお、3GSよりも約100ポイントも高く出ましたね。これがどのくらいの差を表すのかオレにはよくわかりませんが、触った感じは明らかに違うね。とくに、キーボードをタップしたときの反応のよさ。3Gと3GSほど顕著ではないけど、iPhone 4のほうがレスポンスがいい感じがするね。

ちなみに、バックグラウンドでiPodを起動し、同じ楽曲を再生した場合、3GSが「266ポイント」、iPhone 4が「366ポイント」という結果になった。どちらも若干パフォーマンスが落ちているけど、その差はほとんど変わらなかったね。

【WiFi通信速度の違い】やっぱり802.11nは速かった

もう1つ気になるのが「IEEE 802.11n」というWiFiの新しい規格に対応したiPhone 4がどのくらい速くなったかだね。これはオレの自宅でのテスト。フレッツ光100Mbpsの回線に「Aterm WR8300N」という802.11n対応の無線ルーターをアクセスポイントとして使っている。

今回使ったのはシスコの「Cisco Global Internet Speed Test」(無料)という長い名前のスピードテストアプリ。まぁ、あのシスコのアプリだからね、信用できるんじゃないかということで。じゃ、まずは3GSから!

上のグラフに注目だね。左の数値が速度を表している。おおよそ13.5Mbpsから15Mbpsくらいの間で落ち着いているね。まぁ、これでも充分な速度といえるよね。

じゃあ、802.11n対応のiPhone 4はどうなんだろう? 同じだったらちょっとショックとか思いながら、えいやっ! と計測スタートボタンを押したよ!

おお、グラフ上の点の位置は同じだけど、左の数値がまったく違うよね。18Mbpsから20Mbps近くの値が出てるじゃない。ああ、802.11n無線ルーターに買い換えておいてよかったよ。ちなみに、同じく802.11n対応のiPadでもiPhone 4とほぼ同じ結果が出ましたね。

【カメラの違い】300万画素と500万画素の違いやいかに?

それからもう1つ気になるのがカメラだよね。3GSは300万画素、iPhone 4は500万画素。さらに、こちらにはフラッシュも付いてる。オレの腕で差が出るかちょっと心配なんだけど、自宅のベランダで植物でも撮ってみるかな。

まずは3GSの画像から。

うん、これでも充分キレイだと思うのだけど。ちなみに、これトマトです。

続きましてiPhone 4の500万画素はこれ!

うーん、素人のオレにはこの違いがわからない。もう少しうまく撮影したら差が出るのかね。それともすでに差があるんだけどオレの目が節穴なのかもしれませんね。みなさんでご判断ください。

ただし! 5倍デジタルズームはそんなオレでもわかるくらいの違いが出ましたよ。まずは3GSで寄っていきます。

うん、まさにデジタルズームという感じでかなり絵が粗くなったね。じゃあ、iPhone 4だとどうなるか?

うわぁ! これはキレイじゃないですか? 両方ともズームしましたからね。こちらだけカメラ持って寄ったわけじゃありません。これは歴然としてるよね。素晴らしい!

もう1つ。フラッシュね。3GSにはそもそも付いてないわけだから比べようもないのだけど、すごく暗いところでiPhone 4のフラッシュを使うとどう映るかの参考程度に見てみてください。

まずは真っ暗な3GSから。ソフトバンクのお父さんを撮りました。

うーん、なんだか寂しそうなお父さんだね。これは暗い! じゃ、iPhone 4でフラッシュ使います。

フラッシュ独特のイヤらしい感じがまったくないね。すごく自然な感じ。同じ場所で同じ明るさで撮ったのに、フラッシュ撮影がここまでナチュラルだと使いたくなりますね。

ちなみに、iPhone 4のカメラのインターフェイスはこんな感じ。

左上の「オフ/自動/オン」というのがフラッシュの切り替えだね。右上のカメラを取り巻く矢印は、前面カメラと背面カメラの切り替えです。前面カメラで自分の顔を撮った写真も上げたかったんだけど、今日はあまりに疲れてて顔がボロボロなんで、やめときます。またの機会に!

ざっとこんな感じですかね。あと電池の持ちというのがあるんだけど、どちらもこの記事を書くのに写真やら画面ショットやらバリバリとっていて、充電するのを忘れちゃいました。まぁ、これに関してはWWDCの発表どおりじゃないかと思います。

「通話で7時間、3Gを使ったウェブ閲覧で6時間、WiFiでのウェブ閲覧は10時間、動画再生は10時間。通話時間で約40パーセントアップ」

ってのが公称の数字だね。

最後に、「Face Time」というテレビ電話についてちょっとだけ。これ、実験したかったんだけど、友人でiPhone 4を入手した人がいなくてダメだった。これもインターフェイスだけ上げておきましょう。

もし、電話をかけているときにWiFi接続も可能なら、画面がこうなります。

下の段の真ん中に「Face Time」というアイコンがあるよね。通話中にこれをタップすると、テレビ電話に切り替わるってこと。

もし、電話だけでWiFiに繋がっていない場合はこうなります。

はい、今度はグレーアウトしてるよね。つまり、電話回線だけ繋がっていてもFace Timeはできないってこと。WiFiが必須なんだね。

はい、ざっとこんな感じかな。いろいろ書いたけど、なによりも「感覚」と「感触」が最大の違いだと思いますよ。間違いなくiPhoneがもっと好きなること請け合い。そもそも、ここで上げた3GSに不満なんてなかったんだけどね。それを超えるものがでちゃったってのがすごいよ。

1点、iPhone 4からiPhotoへの写真の読み込みがときどきうまくいかなくなることがありました。iPhone 4を再起動すると直ります。もし、同じような症状に悩まされている方がいたらやってみてください。

そろそろiOS 4とiPhone 4から離れて、また別の話をやりたいなんて思っています。では、また!

関連記事:

5 Responses to “なにがどんだけ違うんだ? iPhone 4 vs iPhone 3GS”

  1. ごっつ 2010年6月25日 at 7:13 PM #

    レビューを見て欲しくなりました。わかりやすかったですー。
    何が変わって、どうHAPPYになるのか。
    すべてこれですね。
    今度お会いしたとき、いろいろ教えてください。イヤでなければ・・・。

    • zonostyle 2010年6月26日 at 1:56 AM #

      ごっつさん。コメントありがとう。すぐに予約して買いましょう。白待ちかな? 今度会ったらiPhone 4談義で盛り上がりましょう!

  2. 自動コース 2010年7月25日 at 7:06 PM #

    自分もwi-fiの11nでの速度が知りたいのですが、現在どのchで通信してるのか不明です(~_~;)初iPhoneで11n対応の無線LAN買ったのでせっかくなら速い方がいいですよね 現在16MB出てます 教えて下さいm(._.)m

    • zonostyle 2010年8月6日 at 12:22 AM #

      自動コースさん
      コメントありがとうございます! 返事が遅くなってすみません。
      私は、Wi-Fiルーターの設定で「802.11nのみにする」にしてつないでみました。結果はiPhoneもiPadも問題なくつながりました。ということは、11gなどを有効にしておいても11nが優先されるはずなので、結果として11nで繋がっていると判断しています。このほかに、現在どの規格を使って通信しているかを判別する術はわかりません。すみません!

Trackbacks/Pingbacks

  1. iPhone 4専用ケース、一番人気はコレ!Silicone Case Set for iPhone 4 - 2010年7月26日

    豊富なカラーバリエーション

    ソフトケースの良いところと言えばやはりそのカラーバリエーションでしょう。 Silicone Case Set for iPhone 4も様々な色が展開されています。

Leave a Reply