文字打ち最速化アプリ、TextExpanderがiPadにやってきた!

 

今日、いつものようにアプリのアップデートをチェックしてたら、ちょっと気になるアイコンが入っていたのね。うーん、どうせ「Minor bug fix」とかつまらないヤツだろうと思ってクリックしてみると!「iPad」の文字があるじゃない。ちょっとマニアックだけどオレは本当にうれしかったね。

iPadでは「×2」表示のiPhoneアプリはできるだけ使わないようにしている。なんか気分がよくないからね。ただ、こいつ「TextExpander」だけは入れざるを得なかったんですね。だって、あるとめちゃくちゃ便利なんだもの。これでようやくすっきりしたよ。すでに愛用されてる方も多いと思いますが、iPad対応を記念してこのアプリがどのくらい便利なのかを書いてみたいと思います!

なんか一人前にホーム画面なんかできてたりして、iPad版がすごく豪勢に見えるんだけど、本当にこのアプリは地味な存在だったんです。なにができるかを文章で説明するよりも、実際に中をのぞいてみたほうがわかりやすいと思うんで、さっそく使ってみましょう。

テキスト入力を最速化してくれる
TextExpander (600円:ユニバーサル)
TextExpander

STEP 1:TextExpanderの基本的な使い方

ホーム画面から「Create & Edti Snippets」をタップします。最初から「Sample Snippets」という項目があるので、こいつもタップしてみます。

一番上の「tyvm」をタップすると、右側に2段に分かれた文字列が出てくるよね。上が「tyvm」で下が「Thank you very much!」になってる。これがなにを意味しているかというと、

TextExpanderのノートで“tyvm”と入力すると、“Thank you very much!”に自動変換される

ってことなんだね。日本語変換の辞書登録をするのに似てるといえばにてる。けれども決定的に違う。なにが違うかはもう少し後で。次の列、「sig1」の内容を見てみると……

今度は住所が入っているね。つまり、「sig1」と入れれば上のような長い文字列でも一発変換できるということ。じゃあ、どんな操作でこの変換ができるかをチェックしてみようかな。ツールバーの右上にある「te」と書かれた風船アイコンをタップして「Notes」を選びます。キーボードが出てくるけど、一度引っ込めて左ペインの下にある「+」をタップして新しいノートを用意します。

ここに先の「sig1」を入力してみると……

なんとびっくり! 「ポン」という音と共に一瞬にして住所に変わったよね。そう、これが通常の変換と違うところ。日本語変換だったらスペースを何度か押して目的の文字列を探したりする。TextExpanderは文字を入れた瞬間に変わる。まさに一発変換、超速入力ってわけだね。

アプリに最初から登録されているのはあくまでサンプル。実際には自分でスニペッツを作って使うんだね。じゃ、さっそく登録してみましょうか。

まずはスニペッツを登録する「グループ」を作ります。先の「te」アイコンから「Snippets」をタップ。TextExpanderでは、変換を登録したものをスニペットと呼んでいるわけだね。「Snippets Groups」の画面に戻ったら右下の「+」をタップします。

「Create New Group」を選んで好きな名前を入れればグループができあがり。オレは「zono」というのを作りました。グループができたらいよいよスニペッツの登録。グループ名をタップして「Snippets」のリスト画面に行きます。まだ空白のはずだね。ここでグループのときと同様に「+」をタップ!

スニペッツ作成画面はとてもシンプル。上の段に実際にキーボードで入力する文字を、下の段にその結果変換される文字列をそれぞれ入れるだけ。1つだけ注意したいのは、「入力すると一発変換」ってことは、上の段に入れる文字は通常使わない並びにしなくちゃダメってこと。

たとえば「as」と登録してしまうと、ローマ字入力で「明日」(ashita)と打とうとして「as」までいったところでいきなり変換が発生しちゃうよね。先の「tyvm」や「sig1」なんかはよく考えられているってわけです。「;ab」のように最初に記号を入れちゃうってのも手だね。

ちなみにオレは自分の名前が通常の変換ではどちらも出てこないから、「kz」で「倉園」、「kkz」で「佳三」というのを登録しました。スニペッツを作ったらまた「Notes」に行って狙い通りの変換になるかどうか試しておいたほうがいいね。

左ペイン右下の「+」をタップすると出てくるメニューから「Add Predefined」を選ぶと、あらかじめアプリで用意してくれている便利なスニペッツグループが入れられます。たとえば、「AutoCorrect」なら……

ずらりと並んだ間違えやすい英単語たち。「abscence」(間違い)と打つと「absence」と正しく自動変換してくれるスニペットというわけだね。ね、いろんな使い方があるでしょ。ほかにも、「,a」→「<a href=”"></a>」のようにHTMLタグやスタイルシートを簡単に入力するスニペットもあるよ。使う機会があるならここで全部入れておくのがおすすめだね。

もう1つ、「+」をタップしたときに「Add Via Local Network」というのがあったよね。これはiPhoneやiPadでスニペットを送り合う機能。これは必要だよね。たとえば、iPhoneで50個くらいのスニペットを登録していて、iPadも買ったから同じことを手入力なんてありえない。ここはスマートに過去の遺産を共有しましょう。

ここではiPhoneからiPadに送ってみるんだけど、逆もやることはまったく同じ。まずは設定を若干確認します。iPhoneは上のツールバーで「Groups」を選ぶと左下に「歯車」アイコンが出てきます。iPadはどの画面でも右上に「歯車」が出てるよね。どちらもこれをタップ!

チェックするのは次の2つ。「Share Groups」と「Share Snippets」(こちらはあとで出てくるアプリ連携に必要)。これを両方ともONにしておきます。上はiPhoneの設定画面だけど、iPadも同様にしておいてくださいね。できたら設定画面を閉じます。

送信側、受信側ともにTextExpanderは立ち上げたまま。この状態で受信側、今回はiPadで先の「+」をタップして「Add Via Local Network」を選びます。

はい、受信側のiPadに送信側のiPhone名が出てきたよね。これで接続はOKってこと。あとはこいつをタップするとスニペットグループの一覧が出てくるから、iPad側に送りたいものを選ぶだけ。ここでiPhoneにはこんなメッセージが出てきます。

要は「本当に送っていいか」って確認だね。当然、いいに決まってるので「Send」をタップ! 以上でスニペット送信は完了ってわけ。うん、うれしい機能だよね。

基本的な使い方はこんな感じ。次は実践編だね。

STEP 2:TwitterアプリにTextExpanderで書いた文書を送る

TextExpanderの中だけで文書を作っていてもたかがしれているからね。やっぱりいろんなアプリと連携させてこそ効果抜群て感じでしょう。まずは「TextExpanderで書いてTwitterアプリに送る」ってのにトライしてみようかな。もちろん、簡単な方法としてコピペってのもあるけど、それじゃあ芸がない。もっとカッコよくいきたいよね

最初はちょっとした設定。ツールバー右上の「歯車」アイコンをタップして設定画面を出します。この中に「Twitter Client」というのがあるよね。こいつもタップすると……

Twittelator、TwitterFon、Twitterifficの3つのアプリ名が出てきたね。ここで送りたいツイッターアプリを選ぶというわけ。オレはTwittelatorにしてみたよ。ちなみに、iPhone版だとTwitter公式アプリ(元Tweetie)、SimplyTweet、Birdfeedなんかが加わるね。

設定画面を閉じて右上の「te」アイコンから「Notes」を選び、ツイートしたい内容を書いてみます。

書き終わったらツールバーの「矢印と四角」アイコンをタップして、さらに一番下の「Send to Twittelator」をタップ!

自動的にTwittelatorが起動して、しかも先に作成したテキストが流し込まれた状態で新規ツイート画面が立ち上がったね。うーん、素晴らしい。

STEP 3:EvernoteにTextExpanderで書いた文書を送る

先の「矢印と四角」アイコンをタップしたときに、「Send to Mail」というメニューもあったよね。文字通り作成した文書をメールで送るってこと。これをうまく使うとEvernoteにも文書を送れてしまうんだね。Evernoteにメールでメモを投稿する機能を使います。

まずはEvernoteで送信アドレスを調べる。iPad版Evernoteの右下のパラボラアンテナのようなアイコンをタップして「同期」画面を出します。

「Evernoteのメールアドレス」をタップして「連絡先を公開」もタップ。これ日本語が変。正しくは「連絡先に登録」だよね。連絡先に登録しておけば、最初の数文字でメールアドレスを呼び出せるから便利だよね。

はい、これで準備完了。TextExpanderのNotesで文章を作成し終わったら「四角+矢印」アイコンから「Send to Mail」を選びます。

メールアプリが立ち上がったらアドレスに「ev」と入れてみると……

「Evernote アップロード」という連絡先項目が出てくるはず。evaなんて名前の人が登録してあっても、「evern」くらいまで入れれば出てくるでしょ。これをアドレス欄に指定して、件名にこの文書のタイトルを入れます。あとは送信ボタンを押せばOK!

Evernoteに登録されているかどうか確認してみようかな。

あたりまえだけど、ちゃんとありましたね。ということで、TextExpanderはEvernoteのメモ作成にも使えるってこと。まぁ、1つの可能性としてはアリだよね。

STEP 4:TextExpanderを立ち上げずに別のアプリで自動変換を使う

はい、なんといっても一番多い使い方はこれだよね。というか、これをやるためにオレはiPhone版しかなかったTextExpanderをiPadに入れていたわけだからね。これも説明するよりやってみたほうがわかりやすいんで、まずはTwitBirdのiPad版を立ち上げてみようかな。

ツイート投稿画面に先にスニペットとして登録した文字列を入れてみると……

なんと、あの「ポン」というTextExpanderで聞いたのと同じ音がして、「kz」が「倉園」に一発変換されました。これ、最初に見たときはほんと感動ものだったね。すっごく気持ちいい。ところで、設定は? そうなんです。まったく必要ないんだね。

TexExpander対応のアプリなら、一緒にインストールさえしてあればTextExpanderのNotesでやったのと同じ機能が使えてしまうってわけ。すっごい便利だよね、これ。ちなみに、TextExpanderの「te」アイコンから「Home Screen」をタップして「TextExpander-Enhanced Apps」を選ぶと、対応アプリ一覧が見られます。

有名どころがけっこう並んでるよね。この画面の下にもまだまだあるよ。iPadのツイッターアプリで有名なものだとOsfooraが対応しているね。ただし、こちらは1か所だけ設定が必要。画面左上の「歯車」アイコンをタップして設定を出します。

ここで「TextExpander」をOnにする。これだけでOK。つまり、対応アプリにはTwitBirdのように設定なしで使えるものと、Osfooraのように設定でONにすると使えるものの2種類があるってこと。オレが持っているアプリをざっと調べてみた結果がこれ。使うときの参考にしてください。

【iPad】

  • TwitBird:設定不要
  • Osfoora HD:設定画面でON(上参照)
  • Twittelator for iPad:この機能は使えないみたい。TextExpanderから送る。

【iPhone】

  • TwitBird:設定不要
  • Osfoora:設定画面でON(上参照)
  • Twittelator:設定不要
  • SimplyTweet 3:設定不要
  • Twitter(元Tweetie 2):設定不要
  • Todo:設定→一般→TextExpanderをON(一番下にあります)
  • Pocket Informat:Setting→General Setting→Use in EditorsをON(一番下にあります)

もし、うまく動かなかったら、TextExpanderの設定で「Share Snippets」がONになっていることを確認してください。あと、iPhoneでiOS 4対応のアプリは、ホーム画面を二度押ししてマルチタスキングのアプリ一覧から「-」を押して、完全にアプリを終了させて再起動すると動くことがあります。

最後に、このTextExpanderのiPad版、はっきりいってバグだらけです。頻繁に落ちるし挙動不審になるし、かなりキツイ。再起動するかHome Screenに戻るかすると立ち直ります。次のアップデートまでスニペットの登録はiPhoneでやって、そいつをインポートしたほうがよさそうですね。しばらくは縁の下で動いていてもらいましょう。

以上です。このアプリは解説を読むよりも実際に使ってみるのが一番だと思うな。どんなスニペットを作るかが腕の見せどころ。ただ、オレは前にも書いたけど「ありがとうございます」は入れないようにしている。これだけは手打ちで書きたいからね。

Googleで「TextExpander スニペット」で検索すると、いろいろ便利なものが公開されていたりもする。また、プログラマーの方々は引数とか駆使して驚くようなスニペットを開発している。一発でbit.lyから短縮URLを入れるようなすごいのもあるよ。

まだ使ったことがない方はぜひ、お試しを! では、また!

関連記事:

Trackbacks/Pingbacks

  1. Error 404 - ZONOSTYLE - 2010年7月1日

    [...] 文字打ち最速化アプリ、TextExpanderがiPadにやってきた! [...]

  2. クラウド連携の手書きアプリUnderscre Notifyがさらに強力に! - ZONOSTYLE - 2010年9月24日

    [...] るアプリ。今年の6月に早々とiPad版がリリースされ、こちらもバックナンバーで使い方を解説しました。『文字打ち最速化アプリ、TextExpanderがiPadにやってきた!』を読んでみてください。 [...]

  3. Evernoteを素早く使うためのサードパーティアプリ:今からスマートフォンを使おうかなって人向け。 | 人生はわんつーHack♪ - 2012年5月31日

    [...] TextExpander – SmileOnMyMac, LLC、AtokPadに対応しています。←テキストの短縮(?スニペット)を利用する為のアプリです。 http://zonostyle.com/2010/06/textexpaner.html(Textexpanderの詳しい使い方など) [...]

  4. iPad・iPhoneの文字入力を高速化! 定型文の入力を「TextExpander」で省略しよう! | +PlusOneWorld - 2012年12月10日

    [...] 文字打ち最速化アプリ、TextExpanderがiPadにやってきた! | ZONOSTYLE [...]

Leave a Reply