NozbeのGoogleカレンダー連携が完璧に!〜iCre Update01

 

今日、メールボックスにうれしい知らせが届きました。差出人は、拙著『iPhone×iPad クリエイティブ仕事術』の第1章に登場するタスク管理サービスのNozbeでした。英語のメッセージですが、こんなことが書かれてました。

“ It was OK, but it was far from being a perfect solution… so today we’re introducing full Google Calendar sync for you to enjoy. “

いままでそこそこ使える感じだったけど、今日、Googleカレンダーとの同期に完全対応しました!

すごいタイミングで改良が行われたことをオレはとてもうれしく思っています。これで、Nozbeはほぼ完璧になったんじゃないかな。本当によかった。というわけで今日は、その「完璧な同期」というのを解説したいと思います!

『iPhone×iPad クリエイティブ仕事術』の第1章、046ページにこんな記述があります。

ひとつ残念なお知らせですが、2010年7月現在のNozbe 2.0では、登録したアクションが一部、Googleカレンダーに表示されないなど、連携がうまくいかないことがあります。頻繁にアップデートを行うサービスなので、早期の修正に期待したいですね

実際にこの文言を書いているときの心境といったら、本当に残念だったんです。本書の冒頭で紹介するサービスですからね。できれば、1点の曇りもない状態であってほしかった。藤井編集長と毎日のように「発売前に直らないかなぁ」と話していたものです。

ただ、この会社ならすぐに問題を解決してくれるだろうという確信はありました。本書の発売直前にiPhoneアプリがEvernote連携に対応したし、それまでにもかなり頻繁に改良されていた実績もあります。それだけに、今日のメールでリリースを読んだときには、本当にほっとしましたね。こいつを信じてほんとよかったという感じです。

じゃ、さっそくNozbeの新しいGoogleカレンダーとの同期設定を解説したいと思います。以下はすべてパソコンのブラウザー上で行うのがおすすめです。

まず、すでにGoogleカレンダーに登録済みの場合は「Nozbeカレンダー」を削除します。まだ登録してない場合は、このステップを飛ばして次に進んでくださいね。

Googleカレンダーの左メニューにある[他のカレンダー]にNozbeのカレンダーが登録されているはずです。その下にある[設定]をクリックして[カレンダー設定]の画面を出します。

[他のカレンダー]にある長いURLがNozbeのカレンダーですね。右側にある[登録解除]をクリックすれば、Googleカレンダーに表示されなくなります。

次に、ブラウザーでNozbeを開いて右側のメニューから[Calendar]をクリックします。

いかにも誇らしげな「New!」の表示のあとにある[Synchronize your Nozbe account with Google Calendar]の文字をクリックします。

白地部分が展開したら、[Connect your Nozbe account to your Google Calendar]の文字をクリックします。

「Googleアカウント」の認証画面が表示されるので[アクセスを許可]をクリックします。再び、Nozbeの画面がブラウザーに表示されたら同期設定の完了です。

Googleカレンダーを開いてみると……

左メニューの[マイカレンダー]に「Nozbe」が登録されているはずです。ただし、まだ色が付いていない状態なので、カレンダーにNozbeのタスクは表示されません。「Nozbe」の文字をクリックしてNozbeカレンダーをアクティブにします。色も他のカレンダーとかぶらないものに変えておくといいですね。

オレはNozbeのタスクはすべて日付のみを登録しています。つまり、終日予定の欄に表示されるわけですね。色はオレンジにしてみました。上の画面のオレンジ部分がすべてNozbeに登録してあるタスクです。バッチリ見えますね!

はい、ここからが修正版のすごいところですよ。まず、Nozbeで新しいタスクを1つ追加してみます。

まさに、いま書いているこのブログのタスクですね。『iPhone×iPad クリエイティブ仕事術』で解説したように、[project](Life Design)と[context](Writing、Home、PC)を設定して、[date]に日付を入れます。最後に、一番上の[Starred action]にチェックを付けると、[Next Action]の一覧に表示されるようになります。これは「やるぞ!」の印でもあるんですね。

[save]をクリックしてタスクを保存したら、Googleカレンダーに表示されているか確認してみます。

8月25日の終日予定にバッチリ入ってますね。表示されない場合は、Googleカレンダーを再読み込みしてみてください。次に、Googleカレンダー上でこのタスクをクリックして詳細を表示させます。

まずは、[説明]の欄に注目! 「#Life Design」はNozbeでのプロジェクト名です。さらに、「@Writing」「@Home」「@PC」は登録したコンテキストですね。詳しくはあとで解説します。ここでは、日付を8月25日から26日に変更してみます。

『iPhone×iPad クリエイティブ仕事術』では、毎日のレビューについて書きましたが、もし、このタスクを今日中に実行できなかったとしたら、未来に向けてリスケするわけですね。明日は必ずやる! という感じで1日だけうしろにずらします。[保存]をクリックしてNozbeに戻ってみましょう。

上から3番目の日付が「tomorrow」に変わっていますね。うーん、これはすごい! これまでは、Nozbe側からしかタスクの変更はできませんでした。一方向の同期だったわけです。今回の修正では、Googleカレンダーからの変更がバッチリNozbeに反映されるようになったんですね。

Googleカレンダーから行った修正がNozbe側で反映されない場合は、ページの再読み込みか、Inboxなど別のプロジェクトをクリックして[Next Action]を表示させてみてください。

ということは、GoogleカレンダーからNozbeのタスクを登録できるかもしれないってことですよね。さっそく、やってみましょうか。Googleカレンダーで新しい予定を作成します。

[タイトル]にタスク名を入れ、[日時]を指定します。[カレンダー]で「Nozbe」を選ぶのが最大のポイントですね。これを忘れてはダメです。

さらにその下、[説明]には先にちょっとだけ解説したように、次のような書式でプロジェクト名とコンテキストを指定します。

プロジェクト名:#プロジェクト名
コンテキスト:@コンテキスト(複数ある場合は半角スペースで区切る)

プロジェクト名に続けて記述する最初の@の前には半角スペースを入れます。また、このプロジェクト名とコンテキストはあらかじめNozbeに登録済みのものに限り有効です。登録していないものを指定すると、[Inbox]にコンテキストなしで新しいタスクが作成されます。

では、Googleカレンダーで作成したこの新しいタスクが、Nozbeでどんな風に表示されるか見てみましょう。

おお、しっかり8月25日(today)のタスクとして登録されていますね。プロジェクトとコンテキストがどうなっているかもチェックしておきましょう。タスク名をクリックします。

うん、バッチリですね。「Life Desin」というプロジェクト名と3つのコンテキストがすべて反映されています。ただ、1つだけ問題がありますね。例の「やるぞ!」マーク、星印がアクティブになっていないんです。

そもそも、Googleカレンダーから日付を指定して登録したタスクですからね。星印が付いていないのはおかしい。というわけで、もう一度、Googleカレンダーに戻って予定の詳細を表示させます。

最後のコンテキスト「@PC」のあとに半角スペースを入れて、半角の「!」を付け足します。これが星印をアクティブにする記号なんですね。

星印をアクティブ(starred):直前に半角スペースを入れて、半角「!」

再び、Nozbeに戻って星印が付いたかどうか見てみましょう。

うん! これで、GoogleカレンダーからのNozbeタスクの登録は完璧です。

これって、Evernoteにメール送信でノートを登録するやり方によく似ています。すでにEvernote連携を実現しているNozbeだけあって、この辺りの作法もしっかり踏襲しているんでしょうね。

新しいNozbe×Googleカレンダー連携の設定方法は以上です。あとは、これをどんな風に活用するかですね。たとえば、Googleカレンダーをチェックしていて「あ、このタスクはどう考えても今日は無理だ」と思ったら、その瞬間にリスケするなんてのもいいかもしれません。

そもそも、正しいタスクの表示もままならなかったわけですから、本書で解説したように、もっぱらリマインダーとしてのみ活用するのも悪くありません。ぜひ、自分流を編み出してみてください。

なにはともあれ、めでたし、めでたしですね。オレもほっと胸をなでおろしています。このブログに新しいカテゴリー「iPhone×iPad クリエイティブ仕事術」を作りました。今後も、本書で紹介したアプリやクラウドサービスに重要なアップデートがあった場合は、このカテゴリーに補足情報を登録していきます。タイトルには「iCre Update」を付けておきますね。ぜひ、参考にしてください。

そうそう、忘れていました。現在、ツイッターでは「#iCre」のハッシュタグで『iPhone×iPad クリエイティブ仕事術』関連の情報を交換しています。読者の方々からのご意見やご感想なども集まってきています。お時間がありましたら、こちらもチェックしてみてください。では、また!

関連記事:

Tags: , , ,

Trackbacks/Pingbacks

  1. Nozbe × Evernote × GmailのInbox情報整理術 - ZONOSTYLE - 2010年9月14日

    [...] NozbeのGoogleカレンダー連携が完璧に!〜iCre Update01 [...]

  2. 匿名 - 2010年9月17日

    [Item]3

  3. links for 2010-09-22 - マイフットプリント::myFootPrint: - 2010年9月23日

    [...] NozbeのGoogleカレンダー連携が完璧に!〜iCre Update01 – ZONOSTYLE (tags: lifehacks nozbe) No tags for this post. [...]

  4. 日本語版リリース記念! Nozbeをさらに便利に使える7つのワザ - ZONOSTYLE - 2010年12月10日

    [...] NozbeのGoogleカレンダー連携が完璧に!〜iCre Update01 [...]

  5. penchi blog - NozbeのGoogleカレンダー連携機能 - 2010年12月12日

    [...] 昨日、下記の記事を読むまで知りませんでした。(汗) NozbeのGoogleカレンダー連携が完璧に!〜iCre Update01(ZONOSTYLE) 詳細な設定方法も上記記事にあります。↑ [...]

  6. Nozbeの新機能「Gmailから行動を生成するブックマークレット」が便利すぎる! - ZONOSTYLE - 2010年12月25日

    [...] このあたりの文法はバックナンバー『NozbeのGoogleカレンダー連携が完璧に!』でも解説してます。よかったらチェックしてみてください。 [...]

  7. 【タスク管理】iPhoneでToDo【GTDも】 | アガペーちゃんねる - 2010年12月27日

    [...] 59 :iPhone774G:2010/12/17(金) 12:35:59 ID:0aVzqEcp0 NozbeはWebブラウザでGoogleカレンダー上からもタスク操作出来るのが良いんだね http://zonostyle.com/2010/08/nozbe01.html [...]

  8. 連携がすごいタスク管理 Nozbe+Gmail+Evernote « シゴトに美味しいスパイスを - 2011年1月20日

    [...] Nozbeを本格的に使ってみようと思ったきっかけは、ZONOSTYLEさんの「NozbeのGoogleカレンダー連携が完璧に!」という記事でした。「これって求めていた機能が全部Nozbeにはあるってことか」 [...]

  9. タスク管理ソフト【Nozbe】 | ノマドワーカーのための使える仕事術 - 2011年8月22日

    [...] また、最初にお伝えしたように、googleカレンダーとも同期できます。 こちらもこのブログをどうぞ!! [...]

  10. Evernote, Nozbeなどの業務への活用 | おしなり法律事務所 - 2011年9月4日

    [...] ToDolistについては,上のリンクよりは http://zonostyle.com/2010/08/nozbe01.html を参考に,Nozbeを導入しました。法廷で後に法廷でのまとめをメモにして,次回期日までの宿題をNozbeを利用して管理 [...]

  11. TODO管理にNozbeはいい!(一部除いて) | シンプルなブログ - 2012年7月13日

    [...] - NozbeのGoogleカレンダー連携が完璧に!〜iCre Update01誠 Biz – [...]

  12. TODO管理にNozbeはいい!(一部除いて) | シンプルなブログ - 2012年7月13日

    [...] ZONOSTYLE - NozbeのGoogleカレンダー連携が完璧に!〜iCre Update01 誠 Biz – Nozbeなら予定と参照情報を一括管理できる [...]

Leave a Reply