機能満載、楽しさいっぱいのRSSリーダー 〜 Slide Reader

 

数あるアプリのジャンルの中で、オレのお気に入りの1つにRSSリーダーがある。拙著『iPhone×iPad クリエイティブ仕事術』でもかなりのページ数を割いて解説しているように、RSSリーダーアプリは情報収集ツールであるとともに、貴重な情報発信のためのソースでもある。

さらに、メールやカレンダーと同様に、毎日必ず一度は見るアプリだから、デザインとインターフェイスがとても重要。使いたくなる雰囲気を持っててくれなきゃ困るんだね。とくに、画面の大きなiPad版ならなおさらルック&フィールが大切になってくるよね。今日はオレが最近、とくに気に入ってるヤツを紹介したいと思う。機能満載なだけでなく、楽しさいっぱいの優れものですよ。

これまで、iPad版RSSリーダーのおすすめといえば、機能とデザインをかね揃えたReeder for iPadNewsRack、とくにデザイン性に優れたPulse News Readerあたりを挙げていた。そこに赤丸急上昇で、オレの心をつかんでしまったのがこのアプリ!

豊富な共有機能&マルチアカウント
Slide Reader (600円)

キャッチフレーズは「Slid・Tap・Read」。まさにiPadそのものじゃないって感じなんだけど、実際に使ってみるとなるほどと思うね。スライドさせてタップして読む。まぁ、その気持ちよさったらない。さっそく、アプリを起動してみましょうか。

これが最初の画面。メインのツールバーに1つずつ解説がついているあたり、親切だと思うな。さらに、このビデオツアーもよくできてますよ。これさえ見れば、Slide Readerの全貌がすぐにわかってしまう。

通常はここからGoogleリーダーの読み込みをやるのだけど、その前にこのアプリならではの設定をやってみましょうか。上部ツールバーの一番右、[歯車]アイコンをタップします。

設定画面が出たら、一番上の「プロフィール」を選んで、上の[+]ボタンをタップします。

「デフォルト」のプロフィールの下に新しいプロフィールができます。適当に名前を付けて、上の[チェック]ボタンをタップ。左の赤い[−]表示が消えたらプロフィール名をタップだね。

あえて写真を入れる必要もないのだけど、オレはたまたまiPadに保存したあったから設定してみました。[パスコードを設定する]でプロフィールごとにパスワードもかけられます。

はい、これがSlide Readerの特徴の1つ、マルチアカウントだね。オーソドックスには、家族で1つのiPadを共有している場合なんかに使えるね。アカウントを切り替えれば、それぞれがGoogleリーダーに登録したRSSフィードを閲覧できるというわけ。

あるいは、1人で使う場合も、IT系、音楽系、仕事系、遊び系みたいな切り替えをやれば気分転換ができていいかもしれない。実はいろいろな活用法がありそうだね。

ここでいったんアプリを終了させて、再起動してみます。

マルチアカウントにすると、最初にログイン画面が出てくるようになるんだね。うん、これなら家族で使い回すのも悪くなさそう。

じゃあ、次はお決まりのGoogleリーダーを読み込んでみましょうか。最初の設定画面に戻って[Googleリーダー]をタップします。

ここにGoogleアカウントもしくはGmaiアドレスとパスワードを入れて[ログイン]をタップ。再び最初の設定画面に戻って[Googleリーダーからインポートする]をタップします。

Googleリーダーに登録済みのフィード一覧が表示されます。1つずつ個別に読み込みたい場合は、フィード名をタップして右側にチェックを付けます。一気に全部、読み込む場合は上の[全てをインポートする]をタップすればOKだね。

もう一度、最初の設定画面から、今度は[フィードの管理]を選ぶと……

Googleリーダーに登録してあるフォルダーが表示される。右上の[鉛筆]アイコンをタップすると、新たにフォルダーを作成したり、すでにあるフォルダーやフィードを削除したりできるんだね。ただし、ここでの変更はGoogleリーダー側には反映されません。あくまでアプリ内だけの設定ということ。

ここでいろいろやってしまうと、収集がつかなくなりそうなので、オレはGoogleリーダー側でフォルダーの作成や削除をやるほうが好きですね。

以上でおもな設定は完了。じゃ、Slide Readerで登録したフィードを見てみましょう。

はい、これがホーム画面だね。どことなくPulse News Readerに似てる感じもする。画面左、上から「iPhone」「IT News」「LifeHack」はオレがGoogleリーダーで作成したフォルダーです。その中味が下に並んでいて、左右にフリックすることで記事をたどれる。

画面右にはすべてのフィードが縦に並んでる。こちらのほうがややテキストが多めだね。じゃあ、まずは右側の記事からタップしてみましょうか。

フォルダービューの上に被さるように記事全文が表示されます。左端のツールバーの下にある[×]ボタンをタップするとウィンドウが閉じて、フォルダービューが見えるようになります。左のフォルダービューをタップすると……

今度は先の反対に右側に記事が表示されたね。このインターフェイスはなかなかおもしろい。縦横無尽というか、自由自在というか、とにかくどこでもタップすれば最適な場所に記事が開くって感じだね。

先に左側にあったツールバーが右側に移動してますね。じゃあ、ここで下から4番目の[F]と書かれたボタンをタップしてみましょうか。

これがフルスクリーンビューだね。一度、このボタンを押しておけば、次回から記事を選んだ際にはすべてフルスクリーン表示になります。同じボタンをタップすると、左右半分の表示に戻ります。

右側のすべてのフィードが必要なければ、縦置きにしてフォルダービューのみの表示にします。こんな感じだね。

記事をタップすると……

カードのようなウィンドウに中味が表示されますね。この見せ方もなかなかいい。フォルダービューは1列になって下に移動してます。右側のツールバーから[F]ボタンをタップでフルスクリーン表示ってのは横置きと変わりません。

今度は、上から三番目の[右下がり矢印]をタップしてみます。

これはいわゆるウェブビューだね。でもって、Slide Readerではこのウェブビューにモビライザーをかけられる。モビライザーってのは、広告やバナーなんかの余計な要素を省いて、スマートフォンでも見やすく表示してくれる機能だね。

ウェブビューの上部ツールバー右端にある[×]ボタンをタップしてホーム画面に戻ります。右上の[歯車]アイコンをタップすると、先にプロフィールを作成した設定画面が出てくる。[一般]を選んで[オープンリンク]をタップすると……

出ましたね。[オリジナルページ]は普通の表示。その下の[Instapaper Mobilizer]と[Google Mobilizer]のどちらかを選んで、もう一度ウェブビューにしてみると……

まぁ、そっけないけど、それはそれは読み込みが早くなりますよ。電車の中で記事を読む際なんかに活躍してくれる機能だね。

再度、設定画面から[一般]を選んで、[オフラインでの閲覧用画像を取得する]にある[作動済み]を[オン]にしておくと、オフラインでも画像付きで記事が読めるようになります。

Slide Readerはオフラインリーダーとしても使えるってこと。うーん、やっぱりコイツはよくできてる。

でもって、オレが最高に気に入ってる機能がこれ。記事を表示させた状態で右側のツールバー、上から2番目の[○が3つ]のボタンをタップします。共有ウィンドウが出てきたら[さらに…]をタップ!

どうですか、この共有サービスのラインアップ。FacebookにTwitterはもちろん、「あとで読む」のInstapaperとRead it Later、ソーシャルブックマークのPinboardにTumblrまで網羅してる。おまけに、Googleリーダーに登録もできちゃう。ほんと、この充実ぶりはすごいね。

どのサービスも初回にタップした際にログイン画面が出ます。あらかじめ設定しておかなくても大丈夫ってこと。このあたりの使い勝手も好きだなぁ。

それから、もう1つ。これはまだまだ発展途上なんだけどね、今後に期待のおもしろい機能。上のツールバーから[Feed]アイコンをタップすると、[フィードを追加]というウィンドウが出てくる。左上の[フィードベース]をタップしてみましょうか。

いわゆるおすすめサイト一覧って感じだね。海外のアプリの場合、この手の一覧はすべて英語サイトなのがあたりまえなんだけど、こいつはちょっと違う。『地球の歩き方』や『MSN Japan』なんかの日本語サイトが登録されてる。ただし、総数は13サイトのみ。現時点ではちょっと寂しいけど、もっと増えてくるとおもしろいかもしれない。

最後は、これもオレのお気に入りなんだけど、「テーマストア」ってのを紹介しましょう。上部ツールバーの左から2番目、写真のようなアイコンをタップすると……

出ましたね。「テーマストア」のウィンドウ。これ、実はアプリのテーマを変える機能なんだね。[バンドル]の欄には最初から3つのデザインが用意されている。「Cupertino」を選ぶと……

ちょっとメタリックな銀色仕様になったね。「Minimal」はどうかな?

同じ銀系でも、立体感がない平面的なデザインになりましたね。もちろん、これだけじゃ終わらない。左上の「テーマストア」をタップしてみなくちゃね。

これだね! バンドルとは別に9種類のテーマが用意されている。ストアと謳っているものの、すべて無料です。将来的には有料版も入ってくるのかな? カレンダーアプリのRefillsに似ているよね。中でもオレの一番のお気に入りはこれ!

雑誌みたいなルック&フィールになったでしょ? このテーマの名前は「Magazine」。そのまんまです。さらにユニークなところで「Timber」なんかどうかな。

ウッドな感じだね。あとは、先のマルチアカウントを活用して、高校生の娘さんに使わせたいのがこれ!

もう、笑っちゃいますね! その名も「Floral」。喜んでくれるかな、高校生。

はい、こんな感じで高機能かつ楽しいのがSlide Readerのいいところ。もう少し早くこいつの存在を知っていたら、間違いなく『iPhone×iPad クリエイティブ仕事術』の第5章に登場していたでしょうね。ほんと、アプリの世界は終わりがないですね。次からつぎにすごいのが出てくる。

そうそう、1つだけこいつの困ったところを。けっこうよく落ちます。しばらくはアップデートでバグフィックスをしてもらわないとダメかもね。かなりよくできたアプリだけに、期待してますよ! 今日はこんな感じですね。では、また!

関連記事:

No comments yet.

Leave a Reply