メールでアップロードできる期待のクラウドストレージ 〜 GoAruna

 

iPhoneやiPadをより便利に快適に使いこなすために、クラウドサービスは欠かせない。いつでもどこからでもアクセスできる場所に必要なデータを置いておくからこそ、iPhoneやiPadで活用できるわけだからね。

今日紹介するのも、そんなクリエイティブ仕事術の要になりそうな期待のサービス。なにがすごいって、こいつを使えば、ありとあらゆるアプリからファイルをアップロードできてしまうんだね。これまでパソコンを絡めないと無理だった「iWorkで編集したファイルをクラウドサービスに戻す」なんてのも可能になる。ほんの少しだけど、確実にiPhoneやiPadの可能性を広げてくれるうれしいサービスをぜひ、チェックしてみてください!

DropboxやBox.netをファイルの保存場所として使い、GoodReaderでそれを閲覧したりiWorkなどの編集アプリに送ったりするってのが、iPhoneやiPadとクラウドサービスを連携させる場合の基本だよね。もしくは、例のメール送信でEvernoteに登録なんてのも使える。

ただ、これらの組み合わせだと、編集アプリに送ったファイルをもう一度、DropboxやBox.netに戻すことができない。やるとすれば、家に帰ってiPadをパソコンと同期させ、iTunesのファイル共有で転送して、パソコンからクラウドサービスにアップロードってことになる。こんなやり方じゃあ、どうにも不細工だよね。

どうしてもあきらめきれないオレは、いろいろ試行錯誤を重ねてようやく1つの解決策にたどり着いた。このクラウドストレージを使えばいいんだね。

多彩なアップロードの方法を提供してくれる
GoAruna (無料)iPhone版
GoAruna iPad版 GoAruna

アプリはiPhone版、iPad版ともに無料。元になるクラウドサービスは「http://goaruna.com/」。こちらも、容量2Gバイト、一度のファイル転送制限100MバイトのLite版は無料で使える。Dropboxなどと同様に、容量やファイル転送制限が大きい有料版もあるけど、しばらくはLiteで充分でしょう。

このGoAruna、DropboxやBox.netと比べると、機能的にはかなりシンプル。必要最小限のものしかないって感じだね。逆に言えば、そのおかげでマニュアルなどはほとんど見なくても使いこなせてしまう。ある意味、クラウド入門としては最適なサービスかもしれないね。

じゃあ、まずはiPad版から見てみましょうか。

まずはお約束のアカウント作成画面。GoArunaの場合、ウェブ上でできることはほとんどアプリでもできてしまうから、あまりウェブサイトにアクセスする機会はないかもしれない。というわけで、アカウントの作成もアプリからやってしまいましょう。認証のメールが送られてくるから、その中のリンクをクリックすれば使えるようになります。

これが、メインの画面だね。一番上の地球アイコンが「インターネットファイル」。つまり、クラウドサービス上に保存されたファイルを閲覧するためのメニュー。その下のディスクアイコンが「iPad Files」。このiPadに保存されているファイルの一覧が表示されるメニューということ。おもに、この2つを行き来しながら、ファイルをダウンロードしたらアップロードしたりするわけだね。

ディスクアイコンをタップすると、「フォトライブラリー」と「マイダウンロード」の2つのメニューが出てくる。まずは、iPadからファイルをアップロードしてみましょうか。「フォトライブラリー」を選びます。

上部の[カメラ]アイコンをタップすると、カメラロールに保存された写真の一覧が出てくる。アップロードしたいしたいファイルを選んで下メニューの[アップロード]をタップだね。

[インターネットファイル]という空のウィンドウが出てきます。フォルダーを作成してあると、ここにフォルダーの一覧が出てきてどこにアップロードするか選べるんだけど、いまはまだ未作成なので空白ですね。下の[アップロードからインターネットファイル]をタップするとアップロードがスタート!

左メニューの下に「アップロード中」と表示されます。すべてのアップロードが終わったら地球アイコンをタップ。

「インターネットファイル」つまり、クラウド上にカメラロールから選んだ写真がアップロードされたってことだね。このファイルを閲覧するには、ファイルをタップして左からニョキっと出てくるポップアップを出します。[ダウンロード&ビュー」をタップだね。

これで、ディスクアイコンの[マイダウンロード]にファイルが保存され、アプリ内蔵のプレビューで写真が表示されます。これが、基本的なGoArunaの使い方だね。地球アイコンがクラウドサービスで、ディスクアイコンがこのiPadの保存領域。この2つの間でファイルをアップロードしたりダウンロードしたりしながら使うってこと。

次は上から4番目の[矢印]アイコンをタップしてみます。

[URLダウンロード/ダウンロードして見る]をタップすると、上のようなメニューが出ます。[URLダウンロード]はGoodReaderやDownloadsなんかのアプリにもある、「ファイルのURLを指定してダウンロード」だね。その下の[ダウンロードして見る]の[Go]ボタンをタップします。

GoAruna内蔵のブラウザーが起動します。URLを直接入れるもよし、Googleで検索するもよしだね。今回は「iPhone マニュアル」でGoogle検索して、アップルのサイトからiPhone 4のマニュアルをゲットしてみましょう。検索結果の一番上に「アップル – サポート – マニュアル」というのが出てくるはず。このページを表示させて「iPhoneユーザーガイド(iOS 4)をタップします。

上のようにポップアップが出たら、[ダウンロード]をタップだね。右上にある[×]をタップしてブラウザーを閉じると、ダウンロードの経過を表示するメーターが確認できます。ダウンロードが終わったら[ディスク]アイコンをタップします。

[マインダウンロード]にiPhoneマニュアルが保存されているはずです。これをタップすると……

プレビューに中味が表示されます。右上の[次の方法で開く…]からアプリを選んで送るのもOK。このあたりの基本も、しっかり押さえてるみたいだね。

ちょっと混乱するかもしれないけど、このiPhoneマニュアルはアップルのサイトからダウンロードしたばかりで、iPad内に保存されているけど、クラウドサービスにはまだアップロードされていないよね。

プレビュー左上の[完了]をタップして[マイダウンロード]に戻ります。左下にある[編集]をタップすると、ファイル操作用のメニューが下から出てきます。この状態でiPhoneマニュアルのPDFファイルをタップすると、ファイルのアイコン右上に「緑のチェック」が付きます。

下のメニューから[アップロード]をタップして、フォルダー一覧画面から[アップロードからインターネットファイル]をタップすればアップロードが始まります。

じゃあ、お次はiPhone版のアプリから見てみましょうか。現在、4つのJPEGファイルと1つのPDFファイルがアップロードされてますね。

iPhone版のアプリを起動すると……

まずはログイン画面。すでに作成したアカウントを入れてログインします。

iPad版とはずいぶん違うメイン画面だけど、アイコンの要素はほぼ同じですね。下のメニューから[インターネットファイル]をタップ!

あたりまえだけど、iPad版からアップロードしたファイルがすべて表示されています。ダウンロードしたいファイルをタップして……

下からニョロっと出てきたメニューから[ダウンロード]をタップだね。あとはiPad版とまったく同じ。先のメイン画面から[マイダウンロード]を選び、見たいファイルをタップするだけ。

はい、ここまでは本当に基本的な使い方の話。お楽しみはここからですよ。GoArunaならではのおすすめ機能を2つ紹介しましょう。まずはこれ!

iPad版に戻ってメイン画面の左メニュー、上から4番目の[矢印]アイコンをタップします。iPhone版は[移動]というアイコンだね。

一番上の[受信URL]をタップすると、URLが表示されます。なんとこれ、自分のGoArunaにファイルをアップロードしてもらうためのURLなんだね。[メールとして送信する]をタップすると、このURL入りのメール作成画面が出てきます。ファイルを送ってほしい人のアドレスを入れてメールを送信!

メールを受け取った相手はこのURLのリンクをクリックします。

ブラウザーにアップロード用の画面が表示されたら、[ファイルを選択]をクリックしてパソコン内から送りたいファイルを選び、[Upload]をクリック! これでGoArunaにファイルがアップロードされるというわけ。このファイルは次に解説する[受信箱]に保存されています。うーん、これは新たなファイル受け渡しの方法が1つ増えたって感じだね。

DropboxやBox.netでも、共有設定をして相手にアカウントを作ってもらえば、このくらいのことは簡単にできるよね。でも、相手がクラウドサービスに不慣れな人だったら、GoArunaのやり方の方が親切かもしれない。機能のシンプルさと合わせて見ても、やっぱりこいつはまわりの人々をクラウドサービスに巻き込むのにはもってこいじゃないかな。

さて、おすすめ機能の2つ目。これを見てほしくて書いてるようなものだからね。本日のメインイベントです!

同じくメイン画面の左メニューから[矢印]アイコン(iPhone版は[移動])をタップします。今度は、[Eメールでアップロード]をタップだね。

この手のサービスを使い慣れている人なら、もうピンと来てるはず。ちょっと長いメールアドレスが見えてるよね。そうなんです。このアドレス宛にファイルを添付して送ると、GoArunaにアップロードできちゃうんですよ!

まずは、スイッチを[オン]にして、[iPadアドレスブックへコピーする]をタップしましょう。なにも表示されないけど、しっかり連絡先に登録されてます。連絡先を開いて[goaruna]あたりで検索すると出てきます。

名前の欄が空白になっているので、「GoAruna」と入れておくのがいいでしょうね。あとで、送信欄に表示される名前がわかりやすくなります。

この機能があることでまず思いつくのは、他のアプリからのアップロードですよね。[メールで送信]のメニューさえあれば、どんなアプリからでも作成したファイルをGoArunaに送れてしまいます。

たとえば、手書きメモのPenultimate。

パソコンからプリントするとPDFファイルをアプリに送れるACTPrinterからでもOK。

ちなみに、アドレス欄には「go」と入れれば、GoArunaのアップロードアドレスが候補として表示されるはずです。

iPhoneならSpeedTextなんかもアリですよね。

手書きメモを作成し終えたら[四角+矢印]アイコンをタップして[Send Mail]をタップ! アドレスにはGoArunaのアップロード用を入れる。うーん、これでなんでもかんでもGoArunaのクラウドサービスに保存できるってのはかなり画期的だとオレは思いますよ。

Evernoteも同様の方法でノートに登録できるけど、あの便利さをクラウドストレージでも味わえるってことだよね。すごい!

さて、こいつを使って例のiWorkドキュメントをどんな風に扱えるかシミュレーションしてみましょうか。

まず、GoArunaのサイトからパソコン版のソフトをダウンロードします。これがなくてもウェブ上で同じことができるんだけど、使い勝手がいいからぜひ、お試しを!

こんな感じのインターフェイスです。左がパソコンのディスク。右がGoArunaのクラウド上の保存領域だね。パソコンのKeynoteで作成したプレゼンファイルを左から右にドラッグして、GoArunaにアップロードしておきます。今回は「zono」というフォルダーを作ってその中に入れておきました。

ここからは外出先。もちろん、使うのはiPadですね。GoArunaのアプリを起動して[地球]アイコンをタップ。[インターネットファイル]の一覧を表示させます。フォルダー「zono」をタップすると、パソコンからアップロードしたKeynoteファイルが見えます。

ファイルをタップしてポップアップから[ダウンロード&ビュー]を選びます。

プレビューにファイルが表示されたら、右上の[次の方法で開く…]をタップ。もちろん、[Keynote]を選びます。

Keynoteにファイルが送られ、編集可能な状態になります。手直ししたい部分などを思う存分、編集しちゃいます。

Keynoteでの編集が終わったら、[マイプレゼンテーション]から下の[四角+矢印]アイコンをタップして[メールで送信]を選びます。

メール作成画面が出てきたら、「go」などで候補を出して、GoArunaのアップロード用アドレスを宛先に入れます。[送信]をタップだね!

GoArunaアプリに戻ってメイン画面の左メニューから[買い物カゴ]アイコンをタップします。iPhone版はカバンのようなアイコン[受信箱]ですね。

おお、Keynoteから送ったファイルがしっかり、[受信箱]に届いていますね。これはもちろん、GoArunaのクラウドサービス上に保存されているということ。つまり、GoArunaにあったファイルをiPadでダウンロードしてKeynoteに送り、編集したものをGoArunaに再び保存したということになるわけです。

受信箱に送られたファイルはGoArunaのウェブ版で好きな場所に移動できます。アプリでも[インターネットファイル]に保存し直せたらいいのだけどね。いまのところ未対応のようです。最初の保存場所「zonoフォルダー」にも同じファイルがあって、バージョン管理に難アリだけど、まずはiWorkからクラウドサービスに戻せる方法があるってだけでもオレは満足です。

このファイルを共有する場合は、ちょっとした理由からiPhone版からやるのがおすすめです。まず、[受信箱]の右上にある[編集]をタップします。

共有したいファイルを選んで下の[共有]をタップ。共有項目の確認ウィンドウで[完了]をタップして[受信箱]に戻ります。もう一度、ファイルをタップして……

[詳細]をタップします。

[ダウンロードリンク]にこのファイルをダウンロードするためのURLが表示されます。これを共有したい相手にメールで送ればOK。もちろん、この相手はGoArunaのアカウントを持っていなくても大丈夫です。相手がファイルに手を入れて、再度、GoArunaにアップロードするには、先に出てきた[受信箱URL]にアクセスします。

iPad版だと受信箱にあるファイルを共有してもこのURLが出てこないんだね。ちょっと謎ですが、そのうち改善されるんじゃないでしょうか。

また、アプリ同士でこの共有を使う場合、先に出てきた内蔵プラウザーを使えば、ダウンロードはできるんだけどアップロードができないんですね。フォルダーの共有もダメ。このあたりがちょっと惜しいね。GoArunaを使っている同士なら、共有フォルダーやファイルが[インターネットファイル]で見えていてほしいよね。

まぁ、コンセプトがシンプル&簡単だとしたら、そこまで要求しないほうがいいのかもしれません。

いかがでしょう。まだまだ進化の過程という感じのサービスではあるんだけど、DropboxやBox.netにはない切り口を模索している感じがしませんか? サービスもアプリも無料だし、オレはしばらく使い込んでみようと思っています。「いろんなアプリで作成したファイルの一時的な置き場」みたいに捉えると便利な感じがしますね。

というところで今日はおしまい。では、また!

関連記事:

Trackbacks/Pingbacks

  1. iDiskじゃなくて無料のBox.netでiWorkをクラウド連携させる方法 - ZONOSTYLE - 2010年9月24日

    [...] 連携に対応していほしいと思っていたわけです。iTunes転送だけじゃ話にならないからね。苦肉の策として、メールでアップロードできる「GoAruna」なんてサービスの記事も書いたりした。 [...]

  2. GoodReader for iPad ・ GoAruna ファイルサービス « さえきさんのブログページ - 2011年6月5日

    [...] ービスも それなりのを と探しました。 (flickrサービスは写真置き場サーバでした) GoAruna ファイルサービス がいい。 iPadからでも 指定のアドレス宛にファイルを添付したメールを送ると、 [...]

Leave a Reply