読書メモをEvernoteにクリップできる電子ブックリーダー 〜 i文庫HD

 

お気に入りの本を読みながら、感動した一節や、あとでチェックしたいURLをメモる。これがオレの大好きな読書法。拙著『iPhone×iPad クリエイティブ仕事術』では、メモの代わりにiPhoneのスキャンアプリで撮影してEvernoteに保存する方法を紹介した。

じゃあ、これが電子書籍だったらどうなるか? 同じデジタルなんだから、気になった部分をより簡単にEvernoteに保存できてもよさそうだよね。ところが、実際にはそういう電子ブックリーダーはなかったんだよね。そんな中、読書そのものを大きく進化させそうなアプリが登場した。今日は、まさに「待ってました!」という感じの優れものにスポットを当ててみますよ。

iPadにはすでに多くの電子ブックリーダーがある。本家のiBooksをはじめ、このブログでも紹介したStanzaFAST PDFGoodReader、さらにはアマゾンのKindleアプリなんかも有名だよね。

どのアプリもそれぞれに独自の進化を遂げているという感じ。たとえば、GoodReaderは先日のアップデートで注釈や校正ができる「アノテーション機能」を加えた。FAST PDFは海外のアプリにもかかわらず、縦書きの「右開き」に対応してくれたりしてる。

今後も、どんどん読みやすいアプリになっていくんだろうけど、電子書籍に期待したいもう1つの進化の方向ってのがあるように思うんだな。そう、「クリッピング」機能ですね。

1冊の本を大切に読みながら、心に留まった言葉をメモしておく。ビジネス書であれば、紹介された人物や企業名、サービス名、URLなんかを記録しておきたい。オレはそういう読み方が好きなんですね。

でも、残念ながら、そっち方向の機能を強化してくれるアプリにはなかなか出会えなかった。そんな中、昨日、このアプリのアップデート内容を見たオレは「これはヤバイぞ!」と思ったんですねぇ。まさに、本を読む人の気持ちを熟知した機能の追加。うん、電子ブックリーダーはこうでなくっちゃいけない。

本文中の気になった部分をEvernoteに保存できる
i文庫HD (800円:iPad版)
iBunkoHD - nagisa

そう、あのi文庫HDですよ。すでに国内でも高い評価を得ているアプリ。青空文庫リーダーとしてiPhone版でデビューした当時からオレも愛用してました。うん、やっぱり日本語を扱うなら、国産アプリに限るよね。

でもって、今回のアップデートは「クラウドサービスとの連携強化」とリリース間近のiOS 4.2への対応。いったい、なにがすごくなったのか、さっそく見てみましょうか。

アプリを起動するとおなじみの本棚が現れる。ずらりと並んでいるのはおもに青空文庫のラインアップだね。こちらも気になるところだけど、やっぱり自炊したPDFブックを読み込んでみたいかな。

自炊ってのは紙の書籍を裁断したり、電子レンジに入れて暖めたりしてバラバラにしたものを、ScanSnapでスキャンしてPDF化し、DIYで電子ブックを作成すること。一度やったらやめられない楽しさがあるよね。

というわけで、下部のツールバーから[フォルダ]をタップします。

はい、いきなり[Dropbox]のアイコンが登場しましたね。ちなみに、右上の[+]アイコンをタップすると……

Dropboxのほかに、MobileMeの[iDisk]、[Box.net]、[myDisk.se]なんかの有名クラウドストレージが並んでます。これもアップデートの目玉の1つ。iTunes転送で電子ブックを読み込むなんてのは、もうかなり時代遅れってことだよね。

このあたりは、あのGoodReaderにどんどん近づいている感じがするね。どっからでも来いって感じで、うれしい強化です。

オレはいつも使っているDropboxにアクセスして、PDFファイルをダウンロードしたいと思います。

はい、毎度おなじみ、無料配布中の『iPhone×iPad クリエイティブ仕事術』電子版です。2章までがPDFで読めちゃいます。[読む]をタップだね。

うーん、やっぱりi文庫には独特の雰囲気があるよね。とくに、真ん中のとじしろのくぼみ方とか、ページをめくる際のアニメーションとかがすごくアナログぽい。なんというか、やわらかーい感じがするわけです。

さて、上の図には1つ大きな問題があります。見開きがくずれてしまってるんだね。横書きの右開きの場合、左に偶数ページ、右に奇数ページがこないとまずい。上図の場合、表紙があることで本来、左にくるべきP002が右になっちゃってます。ページ番号が内側にあるのがその証拠だね。

そこで、いったんこの本を閉じて、本棚に戻ります。

本棚の表紙をダブルタップすると、上図の設定画面が出てきます。[詳細設定]をタップして、[先頭頁は見開き]を[オン]にします。ちなみに、ここで[縦書き/右開き]か[横書き/左開き]かも選べますよ。

さらに、[表題の変更]をタップして……

ファイル名になっている本のタイトルや著者名も変えておきましょうか。

うん、これでちょっと気持ちよくなったね。本だからこのあたりはこだわっておきたいところ。設定が完了したら、再度[読む]をタップします。

まずは、先に左にあった表紙が右に置かれました。表紙をめくると……

おお、見開き関係も改善されたね。ページ番号が左右ともに外側にきてます。細かいことだけど、こういう設定ができるかどうかが、読書体験にはとても重要。単に読めればいいってもんじゃない。気持ちよく読めるかどうかだからね。さすがi文庫って感じです。

さて、今日はおいしいところから攻めていきますよ。なんてったって、この機能に惚れたわけだからね。

ページをめくりながら、気になる部分に遭遇したとします。たとえば、「おお、この言葉に感動した!」とか、「このアプリ、あとで買ってみようかな」とか、「このURLは家に帰って必ずチェック!」とか、とにかく、もう一度、帰ってきたい部分ってことだね。

画面を軽くタップすると現れる上部ツールバーの[しおり]をタップします。

さらに、[メモを追加]をタップして、上図の[しおりメモの編集]画面に気になった内容を書いておきます。あとで見てすぐにわかるように、「5行目 感動!」「12行目 URLチェック」なんてのがいいかな。

書き終わったら、[保存]をタップして[しおりメモの編集]を閉じます。

[しおり]の一覧に、いま書き込んだメモの内容が見えてます。でもって、右下の[象]アイコンに注目! こいつをタップしてみると……

来ましたねぇ。Evernoteですよ。初回のみ出るログイン画面にアカウントを入れて[ログイン]をタップ!

書き込んだメモがEvernoteに送られます。じゃ、Evernoteではこれがどんな風に見えるのか、確認してみましょうか。

おお、こんな感じになるのか。本の詳細設定で入れたタイトルと作者名がノート名になってるね。でもって[iBunko]というタグが自動的に付けられてる。本文にはページ数と日付、自分で記入したメモがわかりやすく並んでます。

じゃ、さらに読み進めて、またまた気になったところでメモをとってみます。

今度は気になる図があったので、「図をキャプチャー」と入れてみました。「あとで、iPhoneのDocScannerかなんかで写真撮って保存しとけよ」という自分へのリマインダーだね。[しおり]ウインドウには先に入れたものと合わせて2つのメモが見えてます。

さて、ここで再び[象]アイコンをタップするとどうなるか? ちょっと想像してみましょうか。読書はまだ始まったばかりだよね。内容がいい本だったら、全部を読み終えるころにはメモも数十個くらいに増えてるかもしれない。

それから、読むのが速い人なら数時間で終わるかもしれないけど、オレのように集中力が続かないタイプだと読み終えるのに2、3日にかかってしまうかもしれない。

となると、すべてのメモを入れ終わってからEvernoteに保存というよりは、メモを追加するたびに送っておいて、読書の途中でもそれをチェックできたほうがいいよね。たとえば、上の「図をキャプチャー」なんてのは、電車の中でメモっておいて、家に帰ったらすぐにやるほうがいいと思う。

もし、Evernoteに保存するたびに新しいノートができるとしたら、ちょっとウザイと思いませんか。やっぱり1冊の読書メモは1つのノートにまとまってるほうがいいに決まってる。というわけで、2個目のメモを送った結果をEvernoteで見てみます。ちょっとドキドキだけどね。

うーん、ブラボー! ノートは増えずに、メモの内容だけが上書きされました。いいねぇ、コレ。つまり、「iPhone×iPad クリエイティブ仕事術(倉園佳三)」という1つのノートに、これから書き込むメモがどんどん追加されていくということ。読み終わったころには完璧な「読書ノート」が完成するわけだね。

ちなみに、ページをさかのぼってメモしたらどうなるか。14ページ、18ページとメモを入れて、16ページ目に戻ってまたメモを入れた場合だね。

うん、さすがに順番どおりにはなりませんね。メモを入れた順に並んでます。まぁ、普通に読書メモをとっていれば、ページをさかのぼるなんてことはめったにないからね。ページ数は記録されているし、これでいいと思います。

さて、ここまでの行程を見て、あることがしたくなった人はいませんか? オレもすぐにそれをやってみたくなって試しました。そう、「本文の引用」というかコピーだね。そもそも、読書中に読むのをいったん止めて、文字を入力するってのはちょっとしたストレスにもなりかねない。

引用したい部分をまるごと手入力なんてのは、ちょっと勘弁してほしいよね。でも、本文をメモにコピーできるんだったら最高じゃないですか。でもって結果は……。

残念ながら自炊したPDFファイルではテキストのコピーも選択もできません。ScanSnapでテキスト認識をオンにしてもダメだった。うーん、GoodReaderならどちらもできるんだけどなぁ。惜しい! 本当におしいと思います。

もし、i文庫HDが本文のコピペに対応したら、オレは持っている本を全部、自炊してもかまわない。そこまで言い切れるほど、この機能がほしい! ぜひ、時期アップデートで対応してください。心からお願いします!

と、かなり熱くなってしまいましたが、実は青空文庫なら本文のコピーができちゃうんですね。本棚の下部ツールバーから[青空文庫]をタップして、読みたい本をダウンロードします。

やっぱり、i文庫で読む青空文庫は格別だねぇ。そこに、文庫本のあの紙があるかのような画面触り。じゃ、このページの中に気になる一節があったとします。その段落の先頭あたりを長押しすると……

PDFでは決して出てこないこんなポップアップが現れます。[位置]の左右矢印でコピーしたい先頭の文字を表示させ、[長さ]で引用の終わり部分を指定します。

上のプレビューで内容を確認して[メモ追加]ボタンをタップします。

「堕ちる道を堕ちきることによって、自分自身を発見し、救わなければならない」という坂口安吾氏による、オレのお気に入りの一節が「しおりメモの編集」にコピーされました。

これを先のPDFの場合と同じ手順でEvernoteに送ると……

どうですか、この引用メモ。1冊の本から響いた言葉だけを切り取った、ものすごく価値あるノートだと思いませんか? これから本を読むごとに、こんなノートが1つずつできるとしたら……。これぞ、まさしく電子ブックならではの進化って感じがするなぁ。ほんと、ヤバイ。

小説や随筆だったら「感動した一節」になるけど、これが実用書だったらまた違った意味や価値がでてくるよね。覚えておきたいノウハウ、だれかに伝えたい情報、数式やURLや用語集だってできちゃう。もし、グラフィックや写真がふんだんに使われてる本だったら、それもコピーしておきたいよね。

うーん、しつこいようだけど、この青空文庫でできること、やっぱり自炊本でもできるようにしてほしい!

きっとそうなると信じて、最後にi文庫HDのちょっと便利なTipsを紹介したいと思います。

まずは、ページめくりの設定から。本を開いた状態で、上部ツールバーの[設定]から[操作]を選びます。

青く表示されているところが、タップするとページがめくれる領域。初期設定では上図のような感じになってる。[タップページの移動範囲]でコントローラーを右に持っていくと……

最大でここまで大きくなります。なんかページをめくりにくいと感じたら、ここを調整するのがおすすめ。ほかにも、めくりのアニメーションの種類を変えたり、オフにしたりもできます。

次に、ツールバーの[方向]から[内拡大]を選びます。この時点では[標準]のサイズになっています。

そこで、[大]をタップすると……

よーく比べないとわからないのだけど、ページの余白部分が削られて、紙面全体がズーム表示されます。これによって、若干だけど文字が大きくなるんだね。老眼のオレにとってはかなりうれしい機能。

GoodReaderにも手動で余白を削る機能があって、かなり頻繁に使っていたんだけど、i文庫でも同様のことができるとは知りませんでした。しかもこちらは自動だからね。さらに賢い。

続いて、i文庫にファイルを読み込む際のTips。あらかじめ読むと決めておいたものは、冒頭に紹介したDropboxなどのクラウドストレージに入れておけばいいよね。でも、たとえば、外出先なんかである本のPDF版が無料公開されてるなんてニュースを読んだとしたら、新たにダウンロードしなきゃならない。

そんなときは、まずSafariを立ち上げます。

PDFへのリンクを長押しして、ポップアップが表示されたら[コピー]を選びます。

URL欄に入っている文字列をすべて消して、コピーしたPDFのダウンロード先URLを貼り付けます。さらに、先頭の文字列「http://」の前に「ib」を追加して「ibhttp://」のように変えます。キーボードの[Go]をタップすると……

i文庫が起動してPDFファイルのダウンロードが始まります。ちなみに、URLの最後尾に

ibhttp://ドメイン/yomitai.pdf?title=本の題名&author=作者

のような書式で本のタイトルや作者をあらかじめ指定しておけるんだね。このオプションにはほかにもいろんな種類があって、i文庫のマニュアルページに一覧があります。かなりマニアックだけど、気になる人はチェックしてみてください。

でもってこれ、どこかで見たことがある方法じゃないですか。そう、GoodReaderと同じだよね。GoodReaderの場合は「http://」の前に「g」を付けて「ghttp://」するとダウンロードできる。

なるほど、やっぱりi文庫ってGoodReaderのいいところを吸収して進化してる感じがするね。しかも、こちらはアノテーションじゃなくて、メモや引用をEvernoteにクリップって方向にいってるのがいい。追従して追い抜きそうな感じじゃないですか。

おおそうだ、もう1つあった。こちらはiOS 4.2が出てからの機能ってことになるけど、ツールバー左の[情報]をタップすると現れるポップアップに[印刷]ボタンが付きます。4.2の目玉機能の1つ、「AirPrint」にも早々と対応済みというわけ。しかも、印刷するページの範囲や部数まで選べますよ。

はい、こんな感じですね。本をめぐっては「紙がいいかデジタルがいいか?」みたいな論争になりがちだけど、オレはそれぞれの良さを引き出すにはどうすればいいかを想像していたいね。でもって、電子ブックを読むなら、i文庫HDがやってくれたようなクリッピングはものすごく重要な要素だと思う。

これは電子雑誌にもいえるよね。せっかく電子なのに、お気に入りの一節をEvernoteに送ることもできないとしたら、なんのためのデジタル化なのかわからない。やっぱり、「入り口と出口」をクラウドサービスにつないでおくってのは、基本中の基本だと思うわけです。

入り口ってのは電子ブックを読み込むためのクラウドストレージとの連携。こちらはGoodReaderを筆頭に、だんだん浸透してきている。次は「出口」だよね。読んで刺激を受けた部分をEvernoteなんかに保存するための連携。ぜひ、多くのアプリはこのi文庫HDに習って、ガンガン対応してほしいと思います。

いやー、それにしても読書がどんどん楽しくなるってのはいいことだね。この世界は、1つのアプリのチャレンジが我々のさまざまな様式を変える可能性があるからおもしろい。どこまでも追っかけたくなるよね。

おお、そうだ、今日はアップルストア銀座で「iPhone×iPad クリエイティブ仕事術 ワークショップ」をやる日だ。入場無料、予約なしの飛び込みOKなので、お時間がありましたら、ぜひ、遊びに来てください。90分をはるかに超えてしまいそうな、濃い内容を用意しています。ワークショップ終了後、閉店までの30分くらいは懇親会的な時間も取れそうです。お顔を拝見したことがない皆さんにお会いするのを、本当に楽しみにしています!

そんなところで今日はおしまい。では、また!

関連記事:

4 Responses to “読書メモをEvernoteにクリップできる電子ブックリーダー 〜 i文庫HD”

  1. hagane 2010年11月12日 at 7:47 AM #

    私もEverNoteとの連携を待ち望んでいました。
    紙の本では、できなかったことができるようになったというこの一歩は非常に大きく、自炊にも力が入ります。
    ところで、しおりのメモが、ページ順ではなく、メモを入れた順番になる件ですが、しおりの「編集」ボタンで順番を自由に動かすことができます。
    「編集」ボタンを選択すると、右端に三本の横線アイコンが現れるのでそのアイコンを上下にドラッグすればしおりのメモを好きな順番に移動させることができます。
    変更後にEverNoteにアップすれば順番もはんえいされます。ご参考まで。

    • zonostyle 2010年11月12日 at 10:25 AM #

      haganeさん
      コメントありがとうございます。なるほど! あとで順番を変えればいいわけですね。
      いい情報をいただき、感謝です!

Trackbacks/Pingbacks

  1. 読書メモをEvernoteにクリップできる電子ブックリーダー 〜 i文庫HD – ZONOSTYLE | iphonista.info - 2010年11月10日

    [...] iPhoneに関する、はてなブックマーク新着情報です。 読書メモをEvernoteにクリップできる電子ブックリーダー 〜 i文庫HD – ZONOSTYLE [...]

  2. iPhoneやiPadでPDFを活用するための必須アプリ18(前編) - ZONOSTYLE - 2010年11月29日

    [...] 過去記事:読書メモをEvernoteにクリップできる電子ブックリーダー 〜 i文庫HD [...]

Leave a Reply