iText Pad + Textforce + Evernoteで作る、iPad文書作成環境

 

iPadを購入してすぐに、「これでノートパソコンはいらなくなる」と思った人は多いんじゃないかな。とくにオレが期待したのは、ワイヤレスキーボードと組み合わせての原稿執筆だった。ところが、ところが……、実際には今日にいたるまで原稿の欠片すらiPadで書いてないんだね。機器の操作感に問題はない。最大の原因は「原稿を書きたくなるようなアプリがなかった」ってことだね。

「○○Editor」と名乗るアプリは山ほどあったけど、単にテキストが打てるだけじゃ使えない。原稿の執筆ってのはもう少しシビアな作業なんですね。そんな中、最近になってようやく満足のいくツールを見つけた。本当は単一のアプリで完結すれば最高なんだけど、足りない部分を補いながらの合わせ技。iPadでしっかり文書を作成したいという方は、ぜひ、チェックしてみてください!

一言で「文書作成」といっても、いろんなケースやジャンルがあるよね。今回、オレが想定しているのは、簡単にいうと「第三者に読んでもらうことを想定した、文字数の制限がある原稿の執筆」ですね。

もちろん、ライターや執筆家と呼ばれるプロの物書きにとっては当たり前のこと。でも、プロじゃなくてもそういうたぐいの文章を作成する機会って、けっこうあるんじゃないかと思うんだね。

たとえば、メルマガね。やっぱり、1通のメールで読んでもらえる量ってのは限られてる。850文字みたいな厳密な制限はなくても、だいたい、800字から1000字くらいの枠は決まってるんじゃないかな。

ほかにも、自社製品のパンフレットや、会社案内、社内規定などなど、「第三者に読んでもらうことを想定した、文字数の制限がある原稿の執筆」ってのは、だれでもやる機会があることなんじゃないかと思うわけです。

じゃあ、そういう文書を作成する際に「iPadでやりますか?」ってことだよね。残念ながらオレの答えはNOだった。ラフ案やアイデアメモならEvernoteで十分なんだけど、本ちゃんの原稿を書く環境としてはどのアプリも十分じゃなかった。

結局は高機能なエディターを立ち上げてパソコンで書いていたわけです。もちろん、iPadでの執筆をあきらめたわけじゃない。できれば、せっかく購入したワイヤレスキーボードをフル活用したい。でもって探し続けた結果、「プロでもそれなりに満足のiPad文書作成環境」っての見つかりました。

具体的には3つのアプリを連携させて使います。その中心で活躍してくれるのがコレ!

日本語対応もバッチリの高機能エディター
iText Pad (350円:ユニバーサル)
iText Pad - LIGHT,WAY.

「第三者に読んでもらうことを想定した、文字数の制限がある原稿の執筆」をするためには、さまざまな機能が必要になる。書きながら、いま何文字くらいになったのかが直感的にわかる機能とかね。あとは、文章を推敲する際に使う「検索」「置換」なんかも重要だね。

その手の、いわゆるエディター的な機能をしっかり持っているのがこのiText Pad。「Light Way Text」というパソコン用のエディターを制作している会社が開発したってのが大きいんだろうね。やっぱり蛇の道は蛇ってことかな。

じゃ、まずはそのiText Padを起動してみます。

うーん、オレもエディター系アプリはいくつも見てきたけど、やっぱりコイツは最初の面構えからしてちょっとほかとは一線を画している気がするね。いきなり、左側に行番号が見えているでしょ。このあたりが期待を持たせてくれるわけです。

まずは、新規文書を作成するために、右上の「×」をタップして、最初に表示される「はじめに」の文書を閉じます。

はい、ここに原稿を書いていくわけだね。さっそく文字を入力……、といきたいんだけど、今回はあえて「パソコンで書きかけの原稿を開いてiPadで続きを書く」ってのをやってみたい。実際にはそういうケースが多いように思うからね。

いきなりで恐縮なんだけど、残念ながらiText Padにはクラウド連携機能がありません。うーん、ほんと惜しいよね。もちろん、iTunes転送には対応してますよ。でも、オレ的にはそういうのを使う気にはなれないんだよね。

あと、下部ツールバーの一番左のアイコンをタップすると[Webから開く]というメニューがある。ここからDropboxにアクセスすると、ファイルまでは見えるんだけどね。ダウンロードして開こうとするとアプリが固まっちゃう……。

そこで、iText Padはあくまで執筆するための専用アプリと割り切って、別のツールに助けを求めてみます。そこで登場するのがコレ!

DropboxやATOK Padと連携する国産エディター
Textforce (450円:ユニバーサル)
Textforce - Dropbox text editing - yyutaka

いまはやりのDropboxと連携するエディターアプリだね。ほかにも、PlainText、Elements、Droptext、Nebulousと、このところ立て続けに同様のアプリがリリースされた。でも、そのほとんどが「UTF-8」形式にしないと日本語のテキストが文字化けしてしまうんだね。

その点、Textforceは国産だけあって文字化けも心配無用。やっぱり、日本語の文書を扱うなら国産アプリに限るね。iPhone版はATOK Padとも連携するし、この手のDropbox連携エディターの購入を考えているなら、オレはTextforceをおすすめしますね。

というわけで、まずは作成中のテキストファイルをDropboxの適当なフォルダーに保存しておきます。でもって、Textforceを起動だね。

いきなり、Dropboxのサインイン画面が登場します。アカウントを入れて[Link]をタップ。

テキストを保存したフォルダーを開いて、ファイル名をタップ。

パソコンで書いた文書が読み込まれます。もちろん、このアプリでもテキストの追加や編集はできる。でも、後述するiText Padの機能が捨てがたいんだよね。ツールバー右上の[四角+矢印]アイコンをタップして[Copy Document]を選びます。

幸い、扱っているファイルがテキストのみだからね。コピーだけで事足りるってこと。しかも、Textforceにはボタン一発ですべてのテキストをコピーするうれしい機能が付いている。

これだけなら、GoodReaderやDropboxのアプリでもできるんじゃないかと思って、オレも試してみました。結果は、GoodReaderもやっぱり「UTF-8」しか読み込めない。Dropboxアプリはテキストを表示もコピーもできるんだけど、あとで出てくるペースト&保存ができない。

というわけで、やっぱりTextforceのようなアプリが必要になるんだね。たかがテキストだけどあなどれないってのに、オレも驚きました。

はい、Textforceで[Copy Document]を選んだら、iText Padに戻って新規文書にペーストします。

はい、これでようやく原稿の続きを書く準備ができました。下部ツールバーの[書く]アイコンをタップすると……

こんな風に文書作成モードに切り替わります。あとは続きを書くだけ……、と言いたいところなんだけど、どうでしょう。上の画面って、なんか「書きたい!」って感じが薄くないですか。これだとほかのエディターアプリと同じで、いい文章が書ける気がしないんだよね。

もっと快適に作業ができるように、いくつかの設定をします。というか、この設定ができるってのがものすごく重要なポイントなんだけどね。

というわけで、下部ツールバーの[i](情報)アイコンをタップします。

この[環境設定]に文章を書くうえで、めちゃくちゃうれしい機能がたくさん詰まってるんだね。そうそう、文字数のことも念頭に置いておかなくちゃね。

今回は、拙著『iPhone×iPad クリエイティブ仕事術』の続きを書いているってことにしましょうか。この本は「1行31文字、1ページが27行」という仕様になっています。1章はだいたい25ページから30ページくらい。図版が入ることを想定すると、おおよそ20ページ程度で書くようにするとうまくいきます。

執筆する際に、エディターを誌面と同様のレイアウトにしてしまえば、「いま、3分の2程度だな」てな感じで、書きながらおおよその目安が付くんですね。オレ的には、文章を書く際にこれができるってのが必須なんだね。

じゃあ、実際にiText Padでどんな風に設定すると、『iPhone×iPad クリエイティブ仕事術』と同様のレイアウトになるかやってみますね。

  • フォントサイズ:17
  • 行間幅:15
  • 行幅:527
  • ページサイズで表示:オン
  • ページの行数:27

まずは、基本的な部分から。老眼が進むオレとしては、[フォントサイズ]はもう少し大きくしたかったのだけど、iPadの画面サイズに限りがあるため、行幅との兼ね合いで17にした。

[行間幅]も執筆するうえでとても重要な要素。文字がびっしり詰まった画面は気持ち悪いからね。15くらいがちょうどいいかな。

[行幅]の数字は、このアプリならではの決まりに則ったもの。1行の文字数が31だから、これをフォントサイズにかけた数字、「17×31=527」が行幅になるってこと。本当は文字数で指定できると楽なんだけどね。まぁ、ほかのアプリではこんな設定できないから、とてもありがたいわけです。

[ページサイズで表示]をオンにすると、最後の[ページの行数]が指定できるようになります。こちらは仕様のとおり。1ページに27行だからそのまま「27」としてます。

はい、これでどんな風に表示されるか見てみましょうか。

ぜひ、2つ上の画面と比べてみてください。明らかに、こちらのほうが「書きやすそう!」って感じがしませんか。[ページサイズで表示]をオンにすると画面をページ単位でフリックできるようになります。でもって、実際の誌面と比較してみると……

ページの最後が「それ以来、iPad」で終わっているように、ほとんど同じレイアウトになっていることがわかります。途中、若干のズレがあるのは原稿が校正前のものだからですね。これで、ページ感をつかみながらの文章作成ができるようになりました。

せっかくなので、iText Padで設定できるさらに便利なものも加えておきましょう。

  • 制御コードを表示:オン
  • 半角スペースを表示:オン
  • けい線を表示:オフ
  • 自動保存:3分
  • 改行コード:CR+LF

[制御コードを表示]をオンにすると、改行コードやタブコードなどの、通常は見えない制御コードが表示されます。これも、執筆には欠かせない部分だね。[半角スペースを表示]も同様。

[けい線を表示]は好みだけど、オレはないほうが好きだな。[自動保存]はアプリが落ちても大丈夫なように、最低3分おきくらいにしておくのがおすすめ。1分でも悪くないと思う。

最後の[改行コード]が指定できるってのもiText Padならではだね。Macの[CR]に加えて、ウィンドウズの[CR+LF]とUnixの[LF]が選べます。オレが原稿を渡す相手がウィンドウズを使っているから、今回は[CR+LF]ということ。

このほかにも、行頭や行末に特定の文字がこないように「ぶら下げ」や「追い出し」を行う、[禁則文字の処理設定]もできます。

うん、これまでに設定してきた項目を見ても、このiText Padがいかに本格的な文書作成を想定したエディターかわかるよね。やっぱり、これくらいの機能が揃っていて初めて「書きたい!」って気にさせてくれるんじゃないかな。

ところで、せっかくここまでやった設定ですが、文書を閉じるとすべて消えてしまいます。もちろん、iText Padにはこのレイアウトを保存する機能がしっかり備わってますよ。

[i](情報)アイコンをタップして[レイアウト選択]を選びます。

なんと、これだけのテンプレートが用意されているんだね。詳しくはあとで見ていくとして、ここでは右下の[+]ボタンをタップします。

[レイアウト追加]の画面でこのレイアウトに名前を付けて、右上の[追加]をタップすればOK。先の[レイアウト選択]一覧の最後に新しく作成したレイアウト、ここでは「クリエイティブ仕事術」が加えられます。

以降は、文書を開くたびに、「クリエイティブ仕事術」を選ぶだけ。このあたりも気が利いてて、ほんとありがたい機能だと思います。

さてさて、ずいぶん長いこと設定に費やしたのだけど、これで本当に準備は完了。パソコンのエディターで文書を書き始めるときも、このくらいの設定はやるからね。まぁ、初回のみということで。

ツールバー右下の[書く]をタップして、文章の続きを書きます。

うーん、ここで1つ残念なことが……。せっかく、苦労して設定したレイアウトだけど、文書編集モードにすると、ページ単位の表示じゃなくなっちゃうんだね。あと行番号も表示されない。つまり、iText Padで文章を書く際には、時折、右上の[完了]をタップして、文書閲覧モードで分量をチェックしなきゃならないってこと。

ここだけはなんとか改良してほしいですね。先の閲覧モードのまま書きたい! レイアウトも閲覧モードのほうがキレイだしね。ぜひぜひ、そうしてほしいなぁ。切に願います。

おそらく改善されることを期待し、気を取り直して先に進みましょう。ある程度、文章ができあがってきたら、推敲なんかをやるよね。たとえば、上の文章の場合、1人称が「私」になっているんだけど、なんとなく「わたし」のほうがいいように感じたとする。

ここで必要なのは「検索」と「置換」。おそらく、数十個の「私」がこの中に含まれている。それを目で追って、1つずつ修正するなんてのは絶対にムリ!

iText Padではこの手の編集を閲覧モードで行います。下部ツールバーの[検索]ボタンをタップして[検索/置換]を選びます。

上部のテキストボックス左に検索したい語句を、右に置換したい語句をそれぞれ入れます。下部ツールバーの[次へ]をタップすると、検索された語句がハイライトされます。ここで同じく下部ツールバーの[置換]をタップすれば、ハイライトされた一語だけが置換されます。

慎重を期するなら、このやり方が一番。一気に全部やっても問題なさそうなら、上図のように下部ツールバーのクリップボードのようなアイコンをタップして、[すべて置換]をタップします。

オレも、思い切って全部やっちゃいました。22個の「私」が「わたし」に一発置換できましたね。うん、これも文書作成にはなくてはならない機能。しっかり押さえてくれててうれしいね。

でもって、「やっちゃった!」みたいな失敗をしても、先のポップアップから「アンドゥ」をタップすれば元に戻せる。このあたりも必須の機能ですよ。

うん、iText Padの実力はだいたいこんな感じかな。しつこいようだけど、これで閲覧モードと編集モードが統一されれば、たぶん言うことなし。実践の原稿執筆にガンガン使えそうな気がするなぁ。

ちなみに、こんな原稿用紙風のレイアウトもありますよ。

上図は設定でマス目を広げてます。おまけに、縦書きにも対応してるんだね。

やっぱ、このアプリいいよね。ここまで文書作成にこだわってくれると、書く方としても愛着が湧きます。

さて、最後の仕上げ。できあがったテキストファイルをDropboxに戻さなくちゃなりません。最初の行程と逆のことをやればいいんだね。

下部ツールバーから[編集]をタップします。

[すべてを選択]をタップします。ポップアップが閉じたらもう一度[編集]をタップして、今度は[選択部分をコピー]を選びます。これで、一度、iText Padを終了して、Textforceを起動します。

途中で余計な説明を挟むのもなんなんだけど、上のメニューにある[1段落をカット][1段落をコピー]は、行単位での編集に役立つ便利な機能だったりします。

えーと、Textforceを起動だね。

ここに書いてきた手順どおりなら、最初にDropboxからインポートした文書がそのまま開いているはず。これをすべて選択して、iText Padからコピーしたテキストをペーストします。あとは、右上の[完了]をタップすれば、Dropboxに文書が保存されるというわけ。

以上が、iText PadとTextforceを使った、無理矢理だけどDropbox連携ですね。ただ、これだけのためにiText Padより100円高いTextforceを買うのかといわれると、返す言葉がない。オレ的には満足しているんだけどね。

もちろん、iText Padの高機能なエディター機能がいらないという人はTextforceだけで事足りる。それも1つの手だと思います。

もう1つの選択肢はEvernoteの活用だね。Dropboxはあきらめて、Evernoteに保存するという方法。やり方はいたって簡単。パソコンで作成した文書をコピーしてEvernoteにペーストする。そいつを、さらにiPadのEvernoteアプリからiText PadにペーストすればOK。

iText Padでの執筆が完了したら、再びEvernoteアプリにペーストして戻せばいいというわけ。

こんな感じで、改行なんかも壊れないからトランスファーツールとしてEvernoteが使えます。ただし、このやり方だと、相手にファイルを渡す必要がある場合は、再度、Evernoteからパソコンのエディターなんかにコピーしてテキストファイルを作成しなきゃならない。

Textforceを使った場合はDropboxにファイルが作成済みだから、1工程はぶけることになる。まぁ、DropboxとEvernoteのどちらをファイル置き場にするかという好みにもよるよね。

Textforceの450円をどう考えるかってのも重要なポイントかな。オレ的には、ここで想定した原稿の執筆レベルにはiText Padを使いたいけど、いわゆるDropboxと連携するエディターも1つ持っておきたいってのもある。

だとしたら、単なるつなぎアプリとしてじゃなく、それなりに活用の場面を作ってやれば、450円は決して高くない気がするね。Evernoteは原稿を置く場所じゃないような気もするしね。やっぱり、その人の活用法によるかな。

なんて、試行錯誤もいまは仕方ないけど、iText PadがDropboxに対応してくれればこんな苦労もせずにすむわけです。ぜひ、お願いしたいですね。

てな感じで今日はおしまい。さっそく年末までに執筆の仕事が1つ入ったんで、この環境でやってみたいと思います。そんなこといいながら、Mac Book Airでもやりたかったりしてね。iPhoneやiPadに加えて、Mac Book Airも登場しちゃったから、ツールの使い分けに頭を悩ます場面が増えてくるね。

オレも、いろいろ試行錯誤を重ねながら、そのあたりを徐々にまとめていきたいと思っています。では、また!

関連記事:

Trackbacks/Pingbacks

  1. Twitted by Tring3 - 2010年11月1日

    [...] This post was Twitted by Tring3 [...]

  2. » [iPhone, iPad] ラブプラス iN: 俺の嫁のネネさんが高画質になり..ほかニュース13件(11月02日) | iPhone-Dev.jp - 2010年11月2日

    [...] hが観れるリモートデスクトップアプリ?」 これって、今までのPCを遠隔操作するイメージではなく、iPadでWind… iText Pad + Textforce + Evernoteで作る 〜 iPad文書作成ツール – ZONOSTYLE [...]

  3. ZONOSTYLEが選ぶ2010年ベストiPadアプリ20+α - ZONOSTYLE - 2010年12月31日

    [...] 最初にこのブログで取り上げた時点ではクラウド連携がまったくなくて、いろんな合わせ技を織り交ぜて使っていました。ところが、つい先日のアップデートでめでたくDropboxに対応して [...]

Leave a Reply