ZONOSTYLEが選ぶ2010年ベストiPadアクセサリー 〜 ZAGG mateほか

 

今年もあと2日になりました。ほんとうに1年が過ぎるのってあっという間だよね。いろんなメディアで2010年の振り返り特集をやっているけど、今日はオレもそれにあやかってみたいと思います。

テーマは「今年もっとも愛用したiPadアクセサリー&周辺機器」。4月のiPad発売以来、さまざまなグッズが発売され、オレもそれなりに買い漁りました。玉石混淆の中から、本当に使い続けているものだけを一挙に紹介しちゃいます!


ZONOSTYLEが選ぶ2010年ベストiPadアクセサリー
Vol.1 液晶フィルム

iPadを購入して最初にやることは「液晶フィルム貼り」じゃないかな。箱から取り出したら、指紋を付けずに慎重にセロハンをはがして……。ほんと、緊張の一瞬だよね。

このジャンルも本当にいろんな種類が発売されている。しかも、貼ってみないと善し悪しがわからないっても困りものだよね。オレの場合、スタイラスを多用するから、ペン先の滑りなんかにもこだわったりしてね。

いろいろ試してみた結果、いま愛用しているのはコレです。

クリスタルフィルムセット for iPad PIP-01
発売元:パワーサポート
価格:1,955円(amazon.co.jp)

他社製品と比べると500円ほど高いんだけどね。フィルムを貼っていないかのような透明感と、スタイラスの滑りのよさで、いまのところ一番のお気に入りになってます。

貼ってみると他社製との違いは一目瞭然。とにかく、ピッカピカのツルツルですよ。メーカーによっては、必要以上に画面より小さめに作っているところもあるけど、パワーサポート製のものはぴったりサイズなのもいいね。

同梱されている「超極細繊維クリーナー」がまたいいんだよね。ほんと、きめ細かなクロスで手触りも気持ちいいし、汚れ落ちも抜群。こいつに500円払ったと考えれば、それほど高い買い物じゃないと思います。

ZONOSTYLEが選ぶ2010年ベストiPadアクセサリー
Vol.2 クリーナー&コーティング剤

iPadを使っているとすぐに画面が指紋でべったりになってしまう。見栄えもよくないんだけど、それ以上に手脂でスタイラスの反応が落ちてしまうのが困るんだよね。

そこで、オレがずっと愛用しているのがこの製品。

ナノテクスーパーコート10ml K-862414
発売元:ケンコー
価格:1,451円(amazon.co.jp)

なんと、カメラレンズ用のコーティング剤なんだね。パソコン用の液晶クリーナーや、iPad専用の製品もいろいろ試してみたんだけど、どれもイマイチだった。

キレイにはなるものの、画面が乾き過ぎてスタイラスを使うと「キュキュッ」って感じで滑らなくなってしまうんだね。そこで、試しにカメラのレンズクリーナーを使ってみたところ、結果は予想以上。

とくに、ゴム製のペン先と相性が抜群で、本当にスラスラっと書けるようになります。使い方は車のワックスがけと同じ。最初に指で画面に液体をなじませ、乾かしてから専用のクロスで拭き取ればOK。

画面左がコーティング剤を塗ったところで、右が拭き取ったあと。このピカピカになる瞬間がたまりません! ほんと、楽しいですよ。使用頻度にもよるけど、一度のコーティングで1週間くらいはなめらかさが持続するかな。

若干だけど、指紋も付きにくくなります。とくに、スタイラス使いの方におすすめの逸品です。

ZONOSTYLEが選ぶ2010年ベストiPadアクセサリー
Vol.3 背面シール&キャリングケース

iPadのケースもほんといろいろ買ったなぁ。そのあたりの話はバックナンバー『iPadケースが決まった日〜長い旅路の果てに』にも書いたんだけど、結局、記事中でイチオシと紹介したものをいまでも使い続けてます。

iPadはなるべく裸のまま使いたいってのが基本にあるからね。まずは、こいつを背面に貼ります。

SGP プレミアム プロテクティブ スキンガード for iPad(ホワイト)
発売元:SGP
価格:2,415円(amazon.co.jp)

貼り方なんかは『iPadケースが決まった日〜長い旅路の果てに』を参照してくださいね。この記事を書いた6月に貼ってからもう半年経つんだけど、意外と汚れなかったなぁ。白だからもっと汚くなると思ったんだけどね。

なんとなく、アルミの背面が机でこすれる感じがイヤだったんで、このシールを貼ってみることにしたわけです。これなら、本体のデザインや操作性を損なうこともないからね。

でもって、外出する際はこのキャリングケースに入れてます。

Full Leather Vellumcase iPadブラック/レッド
発売元:フォーカル
価格:3,784円(amazon.co.jp)

いやー、オレとしてはもっといろいろ買ってみたかったんだけど。こちらも、6月の記事以来、使い続けてます。というか、これを超えるものに出会えなかったってのが正直なところかな。

オイルコーティングしてあるかのような皮の手触りと、かさばらない薄さが魅力。半年使ってみて、強度もまったく問題なかった。くるくる丸めると、ちょっとしたiPadスタンドになってしまうのもいいよね。

ケースとしてはちょっと高めだけど、買って損はまったくなかったです。

ZONOSTYLEが選ぶ2010年ベストiPadアクセサリー
Vol.4 スタンド

iPadを机の上に置いておくのに、やっぱりスタンドは必須。ペタッと寝かせてしまうと場所を取りすぎるからね。あとはオレの場合、ワークショップなんかに持って行くことが多いから、携帯性に優れたものがよかった。

いくつか購入したなかでもっとも気に入っているのはこれだね。

Compass for iPad TWS-ST-0000
発売元:Twelve South
価格:4,083円(amazon.co.jp)

発売当初、ウェブ上の多くのメディアに取り上げられたから、このコンパスのようなデザインを目にしたことがある人は多いんじゃないかな。うん、ほんとオシャレなグッズだと思います。

上のように立てて置くこともできるし……

こんな風に寝かせても使える。キーボードを打つときなんかに便利なんですね。でもって、最大の魅力は小型軽量なところだね。どのくらいのサイズか、iPadと比べるてみましょうか。

ね、ほんとうにコンパクト。ピタっとフィットするケースもすっごくいい感じです。ただし軽量ゆえに、iPadを載せたまま動かすと、クニャって感じで倒れそうになる。そのあたりに気をつけて使えば、いうことなしじゃないかな。

ZONOSTYLEが選ぶ2010年ベストiPadアクセサリー
Vol.5 キーボード

iPadが発売される前から、Bluetoothキーボードが使えるってのが楽しみだったからね。こちらもいろいろ買ってみましたよ。

まず、ドック付きキーボードは横置きにできないのが難。携帯性もよくないしね。そんなわけで、純正のBluetoothキーボードを使う機会が多かったですね。

そして、そして! つい先日のクリスマスの日に届いたのがコレ!

ZAGG mate w/keyboard
発売元:ZAGG
価格:99.99ドル(ZAGGストア)

注文してから約1か月。本当に首をながーくして待っていた待望のグッズです。本体はiPadによく似たアルミ製。キーボードというよりは、キーボード付きケースって感じだね。

箱から取り出してみると……

うーん、ブラックのキーボードがいい感じ。個人的には白でもいいと思うんだけどね。この上に、iPadが収納できます。

全体の厚みはiPadの2倍強ってところ。それほど分厚い感じはしません。うーん、こうして使うんだったら背面のシールははがしてしまってもいいかもね。

キーボードを使うときは……

こんな具合にiPadはめ込みます。まるでノートパソコンみたいに使えるところがいいねぇ。

キーボードは充電式で、USBケーブルが付属してます。パソコンにつないで充電するってことかな。通常のキーボードのほかに、アプリの終了、フォトスタンド起動&ロック、iPodのコントロールなどのファンクションキーもありますよ。

Enterキーの位置が若干、Apple純正のものと違うため、最初は慣れが必要だけど、キーボードの感触はわるくないね。やや深めのタッチになっているかな。

まだ、到着して数日しか経っていないけど、早く実践で活用したいですね。どちらかというと来年の愛用品になりそうな感じです。

ZONOSTYLEが選ぶ2010年ベストiPadアクセサリー
Vol.6 スタイラス

iPad周辺機器のなかでもっとも多く買い漁ったのがこのジャンル。というのも、手書きメモに大きな可能性を感じていたからだね。その数全部で32本! もう、バカとしかいいようがないなと自分でも自覚してます。

でも、おかげで自信を持ってイチオシを宣言できる逸品が見つかりましたよ。それがコレ!

Hard Candy Silver Stylus
発売元:Hard Candy Cases
価格:4,300円(アキバスタイル)

どうですか、この美しいフォルム。持った感じも高級万年筆のようにズシっとくる。まさに、仕事で使いたくなる文房具といった趣だね。

キャップをはずすと、片側がスタイラスでもう片方がこれまた書き味なめらかなボールペンになっています。

ゴム先のスタイラスは反応抜群。どんな手書きメモアプリでも問題なく使えます。詳しいレビューはバックナンバー『書き味抜群、見た目もCoolな高級スタイラス 〜 oStylus、Hard Candy、iStroke』をチェックしてみてください。

なんと、この記事、日本での代理店であるアスクさんのウェブサイトにドカーンと引用されちゃいました。ほんと、光栄です!

ZONOSTYLEが選ぶ2010年ベストiPadアクセサリー
Vol.7 充電バッテリー&USBケーブル

いくらiPadのバッテリー持ちがいいといっても、出張なんかで1日中使うには充電バッテリーが欠かせません。ただ、このジャンルはオレがおすすめするまでもなく、もうこれしかないって感じだよね。

eneloop mobile booster KBC-L2BS
発売元:サンヨー
価格:5,859円(amazon.co.jp)

eneloop stick booster KBC-D1BS
発売元:サンヨー
価格:2,543円(amazon.co.jp)

iPhoneやiPadユーザーなら大定番のエネループ。この製品の優れた点は、充電したあと放置していてもバッテリーがなくならないところ。その手のマメさに欠けるオレにはぴったりというわけ。パソコンにUSBで接続して充電できるのもうれしい機能だね(mobile boosterのみ)。

でもって、写真は10月21日に発売された新バージョンだね。これがまた強力で、とくにmobile boosterのほうは従来の出力500mAから1Aにパワーアップされた。要は理論値で充電時間がこれまでの半分ですむようになったってことだね。

バッテリー容量もかなりのもので、iPadでも半分弱くらいは充電できるかな。iPhoneならまるまる2回分くらいいけると思います。stick boosterはおもにiPhone用。こちらはiPhoneで1回分強ってところかな。

新バージョンの機能としてXPERIAにも充電できるように、専用のアタッチメントが同梱されてます。そうそう、先に紹介したZAGG mateも、エネループで充電できちゃいましたよ。

でもって、エネループを使うならぜひとも持っておきたいのが巻き取り式のUSBケーブルだね。

iPod用USBモバイルケーブル 1.5m USB-IRL15BK
発売元:エレコム
価格:1,134円(amazon.co.jp)


Apple純正のUSBケーブルはジャック周りが壊れやすいから、持ち運びには向かない。価格も純正品よりはるかに安いので、ぜひ巻き取り式をゲットしてください。

オレのおすすめは上のエレコム製のように、巻き取りボタンが付いているヤツだね。ボタンがないものはケーブルの収納がしにくいと思うな。

あと、こいつは1.5メートルの長さがあるから、カバンの中に入れたエネループにiPhoneやiPadをつなぐ場合も便利ですよ。

ZONOSTYLEが選ぶ2010年ベストiPadアクセサリー
Vol.8 モバイルWi-Fiルーター

オレは3GモデルとWi-Fiモデルの2台のiPadを所有しています。3Gモデルが仕事用で、Wi-Fiモデルが実験用。実験用には500個以上のアプリが入ってたりする。

というわけで、これを外で使うためにはWi-Fiルーターが必須なんですね。というか、3GモデルでもやっぱりWi-Fiで使うほうがサクサクいくから、どちらにしてもなくてはならない周辺機器ってことになるかな。

このジャンルでのオレのこだわりは、基地局までもオールWi-Fiだね。そうなると、もうこれしかない。

AtermWM3500R
発売元:NECアクセステクニカ
価格:2,800円(LABI ヤマダ電機)

キャリアはUQ WiMax。地方でつながりにくいという欠点もあるけど、都内で使うならそれほど不自由はしない。基地局もどんどん増えているみたいだしね。とにかく、速度にこだわりたいから、オレ的にはいまのところWiMax以外の選択肢はないかな。

でもって、11月下旬に発売されたばかりの「AtermWM3500R」はとにかくすごい! なんと1回のフル充電で8時間も稼働してくれるんだね。これまでのWiMaxモバイルルーターはどれも3時間弱くらいの持ちだったから、ものすごい進化なわけです。

そもそも、iPhoneやiPadよりもバッテリーが持たないルーターってのはどうかと思っていたからね。この製品の登場で、ようやくそれが解消されたというわけ。ほんと、素晴らしい!

しかも、コイツはUSBで充電しながら通信ができる。パソコンでもいいし、先のエネループでもOK。大きさは105×70×14.8mmと、たばこの箱よりやや横幅が大きいくらい。重さも約120gとめちゃくちゃ軽いしね。

しかも! いまLABIヤマダ電機なら、たったの2,800円(登録料に別途2,850円)でこいつが手に入ってしまいます。条件は1年縛りの「年間パスポート」に加入すること。このプランがまた安くて、使い放題で月額3,880円だものね。

30日以内の解約なら違約金はゼロ。その後1年以内の解約でも、違約金は5,250円だからそんなに重い縛りじゃないしね。うん、このキャンペーンが終わる前に契約するのがおすすめです。

さらにさらに、つい先日、ファームウェアがアップデートして、iPhoneやiPadのスループットが改善されたとのこと。使い始めてすぐだったから、その差は実感できていないけど、まぁ、サクサクっという感じで使えていますよ!

ZONOSTYLEが選ぶ2010年ベストiPadアクセサリー
Vol.9 モバイルスキャナー

続いては、これも今年の大ヒットだったモバイルスキャナーだね。厳密にはパソコンにつなぐ周辺機器だけど、スキャンの目的がiPadで閲覧するためだから、あえて取り上げました。もちろん、今年のイチオシはコレだよね!

ScanSnap S1100
発売元:富士通
価格:14,000円(amazon.co.jp)

小型軽量、持ち運べる高性能スキャナー。まさに、iPad時代のデジタル化グッズって感じがするよね。詳しくはバックナンバー『ノマドなスキャンでデジタル化が進む! 〜 ScanSnap S1100』を参照してください。

オレ的には電源なしで使えるところや、プラスチックカードがそのままスキャンできるのが衝撃だったね。

最近では、iPadのプレゼンをやる際に必ず持参してます。コイツで紙の書類を読み込んで、PDF化したものをDropboxやEvernoteに保存し、iPadのアプリで閲覧したり編集したりする行程をお見せするわけです。

もし、この製品がなかったら、そんなプレゼンできなかったものね。その意味でも、2010年の大感謝製品の1つになってますよ。ほんと、ありがとうって感じだね。

ZONOSTYLEが選ぶ2010年ベストiPadアクセサリー
Vol.10 エトセトラ

このシリーズ最後に紹介するのはその他の周辺機器。まず、Apple純正のこの2製品にはほんと、お世話になりました。

iPad Dock Connector – VGAアダプタ
iPad Camera Connection Kit

発売元:Apple
価格:ともに2,980円(Apple Store)

これも紹介するまでもないかな。VGAアダプターはiPadでプレゼンをやる際には必須のグッズ。それはそれは、なんどとなく使いましたよ。たぶん、来年も大活躍してくれるだろうね。

Camera Connection Kitは、おもにiPhoneからの写真転送で活躍してくれましたね。Dropboxを活用することが多かったから、VGAアダプターほど頻繁には使わなかったけど、やっぱり、いざというときになくてはならない必需品です。

それから、こんなのもありましたね。買った当時はもう、とにかくハマリまくってた。

iRig
発売元:IK Multimedia
価格:4,568円(amazon.co.jp)

ご存じ、IK MultimediaのAmpliTube for iPad用、入力&出力アダプターだね。

iPad版が出たときは本当に衝撃だったね。エフェクターもさることながら、個人的にはアンプシュミレーターがすごいと思った。来年はこの手のリアル楽器と併せて使えるアプリがもっと増えてくれるといいですねぇ。

はい、かなり長くなりましたが、「今年もっとも愛用したiPadアクセサリー&周辺機器」はこんな感じ。2011年はどんなアクセサリーが登場するのか、書いていてますます楽しみになりました。

来年も同様の記事が発表できるように、また1年間がんばって更新し続けたいと思います。では、また!

関連記事:

Trackbacks/Pingbacks

  1. Tweets that mention ZONOSTYLEが選ぶ2010年ベストiPadアクセサリー 〜 ZAGG mateほか - ZONOSTYLE -- Topsy.com - 2010年12月30日

    [...] This post was mentioned on Twitter by Kumi Ebina, Tsutomu IIDA, ゆーち, きゅび情報索敵部隊, 巡回用 and others. 巡回用 said: [はてブiPhone] ZONOSTYLEが選ぶ2010年ベストiPadアクセサリー 〜 ZAGG mateほか – ZONOSTYLE: [...]

  2. ZAGGmateでiPadがもっと楽しくなる « シゴトに美味しいスパイスを - 2011年2月17日

    [...] またまた倉園佳三さんのZONOSTYLEの「ZONOSTYLEが選ぶ2010年ベストiPadアクセサリー 〜 ZAGG mateほか」を読み、その後Evernote情報活用術セミナーで実際に使っている様子を拝見して、注文してし [...]

  3. 赤色レーザーの未来型キーボード登場! 〜 Celluon Magic Cube | ZONOSTYLE - 2011年9月9日

    [...] があります。iPadのケースも兼ねたBluetoothキーボードですね。iPad 2が発売されるまではあのZAGG mateくらいしかなかったのに、このところものすごい勢いで各メーカーから新製品が発表され [...]

Leave a Reply