ついに登場! iPad 2 〜 スペック、新アクセサリ−、iOS 4.3、新アプリをまとめてどうぞ!

 

つい先ほど、AppleによるiPad 2の発表が終わりました。最初のビッグサプライズはやはり、スティーブ・ジョブズ氏の登壇。会場はスタンディングオベーションで彼を迎えるなど、ものすごい盛り上がりだったようです。

でもって、肝心のiPad 2は? この数か月、数々の噂が飛び交っていましたが、ようやくその全貌を明らかになりました。本体のスペックはもちろん、アクセサリーや驚きの新アプリ情報も併せてお伝えしたいと思います!

ipad201.jpg

【驚きのスペック!】

SAMSUNGや、HP、モトローラから続々と登場しているタブレットに対して、ジョブズ氏は「iPadのコピー」だとしてうえで、「初代のiPadにも追いつけていない」と豪語しました。

新しいiPad 2のスペックはこんな感じです。

本体

  • 従来どおりのアルミ製

プロセッサー

  • デュアルコアA5チップ搭載で、初代iPadの2倍の処理速度
  • A4と同様の低消費電力
  • 世界初のデュアルコア搭載タブレット

グラフィックス

  • 初代iPadの9倍の処理速度

ディスプレイ

  • 1024×768ピクセル、解像度132 ppi(従来のまま)

カメラ

  • 背面と前面の両方に搭載
  • 背面カメラ:HDビデオ(720p、最大30fps、オーディオ対応)、静止画(5倍デジタルズーム)
  • 前面カメラ:ビデオ(VGA、最大30fps、オーディオ対応)、静止画(VGA)

厚さ

  • 8.8ミリ
  • iPhone 4の9.3ミリよりも33パーセントも薄い!

重さ

  • Wi-Fi+3Gモデル:613グラム(初代は730グラム)
  • Wi-Fiモデル:601グラム(680グラム)
  • ジョブス氏によれば、「20グラムの軽減だが、実際に持ってみるとかなり軽く感じられるはず」

カラー

  • 黒、白の2色!
  • ホワイトモデルも同時発売(この発表の際に会場から笑いが起こったそうです)

バッテリー持続時間

  • 初代iPadと同等の10時間

価格

  • 初代iPadと同価格
  • Wi-Fiモデル:16GB 499ドル、32GB 599ドル、64GB 699ドル
  • Wi-Fi+3Gモデル:16GB 629ドル、32GB 729ドル、64GB 829ドル

その他

  • 3軸ジャイロスコープ搭載
  • 出荷当日から、AT&TとVerizonに同時対応
  • 縦横サイズは初代と同じ

うーん、いいんじゃないですか。なんといっても、iPhone 4よりも薄いってのがすごいですねぇ。写真で見比べても、かなり違いますよ。

c7581b65e34b4c611c6ce9debe09cd41.jpeg

重さに関しては期待よりも軽量化はされなかった感じがしますが、ジョブズ氏の「持ったら軽く感じる」という言葉を信じましょう。

あとは、なんといっても「ホワイトモデル」でしょうね。iPhone 4よりも先にこちらが世に出てしまうってのがおもしろい。しかも今度は同日発売ですからね。オレは? かなり迷いますが、やっぱりホワイトでしょうね。

201103030529.jpg

あとは、うわさのカメラも付いて、デュアルコアA5チップ搭載で処理能力もかなり向上するとのこと。うーん、これだけでもかなり期待できそうです。

さて、1点、謎に包まれたままなのが「メモリー」なんですね。iPhone 4が512MBなのに対して、現行モデルのiPadは256MB。使っているとその差は明かです。多くの人が改善を期待している部分なんだけど、なぜか、今日は発表されませんでしたね。Appleのウェブサイトでもメモリーについての表記はまだないようです。

スペックの最後に、うわさされていて実装されなかったもの、まだ未発表のものをまとめておきましょうか。

  • USBポートなし
  • SDカードスロットなし
  • カーボン製ではない
  • うわさのLTEには未対応
  • 同じくうわさのNFCにも未対応
  • スピーカーがどう変わるのかは謎
  • 30ピンDockコネクタの変更なし

でもって、気になる発売日ですよね。オレはおそらく4月ころじゃないかと予想していたのですが、大きくはずれてしまいました。なんと!

発売日:米国 3月11日、その他の国 3月25日

だそうです。というか、11日といえば来週ですよ。うーん、もうすぐそこじゃないですか。日本での発売も今月末ですものね。ああ、あと数日すればこの新しいiPad 2が使えるのかと思うと、ほんとヤバイですねぇ。

【かなりほしいぞ! 新アクセサリー】

続いては、今日発表されたiPad 2用の新アクセサリーを2つ紹介します。まずはこれ!

Apple Digital AVアダプタ(39ドル)


mirroring_hdmi_20110302.jpeg

なんと、HDMIのビデオアウトができるアクセサリーなんですね。最大で1080pの映像を出力できるそうです。

上の写真で、HDMIの右側にDockコネクターがつながっていますよね。なんと、これ、映像を出力しながらの充電に対応しているんですよ。つまり、プレゼンテーションの最中などに、電池切れの心配をしなくてすむということ。

さらに驚いたのは、「iPadに表示した画面をすべて映せる」という点です。この写真を見てください。

mirroring_hero_20110302.jpeg

ね、iPadのホーム画面が出力されてますよね。もちろん、これはすべてのアプリに対応するわけです。これまでは、一部のプレゼンテーションアプリや、VGA出力に対応したアプリのみに許されたことだったんですけどね。

iPadを使ったデモをよくやるオレとしては、これは本当にうれしい機能ですね。HDMI対応のプロジェクターがほしくなってしまう。

そして、そして! もう1つの新しいアクセサリーはiPad 2のために生まれたケースというか、カバーでした。その名も……

iPad Smart Cover(ポリウレタン製 39ドル、革製 69ドル)

ジョブズ氏はiPadの背面を覆うのが好きじゃないようで、「今回のはケースじゃなくてカバーだ!」と強調していましたね。iPad のデザインを損なわずに実用性も兼ね備えるというのがテーマだそうです。というわけで、今回は前面を覆うだけのまさにカバーになりました。

overview_smartcover_gallery1_20110302.jpeg

カバーは3つ折りにすることで、こんな感じのちょっとしたスタンドにもなります。

bfa02cec-5f2e-4571-a13f-95735a4b6f86_400.jpeg

ツイッターのTLには「風呂ブタのようだ」というツイートがあふれていましたね。たしかに、似ています。iPadの画面に触れる部分にはマイクロファイバー製の布が貼ってあります。

201103030615.jpg

おもしろいのは、こいつの装着方法。なんと磁石で本体に取り付けるとのこと。しかも、カバーを画面からはがすと、それをiPad が検知して起動しちゃうんだそうで。うーん、なんかよくできてる感じがしますね。早く使ってみたい!

素材はポリウレタン製と革製の2種類。色はそれぞれ5色の全10色が発売されます。皮のネイビーあたりがいいかなぁ。

【iOS 4.3が3月11日に登場!】

続いてはiPad 2にも入るiOSの新バージョン4.3です。おもな追加機能は次のとおり。

Safari

  • Nitro JavaScriptエンジンにより、レンダリングスピードが向上
  • 従来の2倍の速さ

iTunesホームシェリング

  • パソコンのiTunesに保存されている音楽や映画、テレビ番組が、iOSデバイスでストリーミング再生できる
  • iPad、iPhone、iPod touchに対応

AirPlay

  • 写真のスライドショーを見る際に、Apple TVに内蔵されたトランジッション効果をiPadで見られる
  • サードパーティーのアプリケーションやウェブサイトでもAirPlayを使った動画や音楽の再生ができる

回転の固定

  • 設定に画面の回転を固定するメニューが追加

Personal Hot Spot

  • 3G回線でインターネットに接続したiPhoneをWi-Fiルーターのように使える
  • ノートパソコンなどでも使用可能
  • iPhone 4のみ対応

Photo Booth

  • MacでおなじみのPhoto BoothのiPad版が標準アプリに追加
  • 指先のタッチでエフェクトの調整ができる
  • 写真の共有にも対応

FaceTime

  • 前面と背面の両方のカメラが使える
  • iPad同士、iPadとiPhoneやiPod touch間で通信できる
  • 「iPadの画面サイズはテレビ電話に最適」とジョブズ氏

対応デバイス

  • iPad、GSM版iPhone 4、iPhone 3GS、第3世代、第4世代の iPod touch

ざっとこんな感じですね。こちらはiPad 2だけでなく、上記の対応デバイスで使えます。米国でのiPad 2の発売日にあたる3月11日からダウンロードできるそうです。

もっとも気になるのは「Personal Hot Spot」でしょうね。これはiOS 4.3にその機能があっても、キャリアが対応しないと使えません。つまり、ソフトバンクはどうするのか? これがここ数か月の間の大きな話題になるでしょうね。孫社長のもとには、対応を切望するユーザーから多くのツイートが寄せられることでしょう。

あとはやっぱりFaceTime。ジョブズ氏が語ったように、iPadでのテレビ電話がどんなものか、こちらも1日も早く体験してみたいですねぇ。

スクリーンショット(2011-03-03 4.35.41).png

個人的には、AirPlayのサードパーティー対応ってのが楽しみです。これで、またおもしろいアプリやウェブサイトがガンガン登場するのかと思うと、かなりワクワクします。

【iMovie for iPadとGarageBand for iPad】

今日の発表では、iPad 2で活躍してくれそうな2つのApple純正アプリが紹介されました。ジョブズ氏は「どれだけのことがiOSデバイスでできるかを我々自身が示すことで、サードパーティーの方々により高い次元の開発を目指していただければと思った」と言いながら、かなり気合いの入った2つのアプリを紹介しています。

まずはこちらから。

iMovie for iPad

  • 正確な編集ができるエディター
  • マルチトラックのオーディオレコーディング
  • 3つの新しいテーマが加わった
  • AirPlayによるApple TVでの再生に対応
  • 波形モニターによるオーディオ編集
  • アフレコの挿入に対応
  • 写真は顔認識に対応
  • ワンタップで、YouTubeやVimeoにHDビデオを投稿できる
  • ユニバーサル版

おもしろいのは、保存してある動画が古い映画のポスターのようにホーム画面に並ぶことですね。iBooksの本棚に続く、Appleならではの見せ方じゃないでしょうか。

201103030700.jpg

カメラが付いたiPad 2でビデオを録画し、そのままiMovieで編集。さらに、その場でYouTubeに投稿できてしまうわけですね。うーん、これまた楽しそうじゃないですか。

価格は4.99ドル(安い!)で、3月11日にAppStoreに登場する予定です。

続いては、個人的にものすごく感動したこのアプリ!

GarageBand for iPad

  • 8トラックマルチレコーディング
  • 250以上のループ
  • グランドピアノ、オルガン、ギター、ドラムなどの楽器
  • ギターアンプとエフェクター内蔵
  • Mac版と互換性があり、iPadで作成したものを引き続きMacで編集できる
  • 作成したAACファイルをメール送信

これは本当にすごいアプリが登場したと思いますね。もう、iPadさえあれば簡単なデモなんかが作成できてしまう。これまでにも、サードパーティー製のマルチトラックレコーダーはリリースされていたけれど、MacのGarageBandと互換性があるというのが決め手ですよね。

201103030711.jpg

しかも、同梱されている楽器がまたすごい。たとえばこのグランドピアノ。

201103030714.jpg

加速度センサーによって、画面をたたく強さを関知してピアノのタッチを再現するらしい。サスティンペダルにも対応しているほか、アップライトやグランドピアノなどの外観も変えられるそうです。

こんなオルガンもあって、あの独特のグリッサンドを披露したデモでは観客がどよめいたみたいですね。

201103030719.jpg

さらに、たたく場所や強さで音色が変わるというすごいドラムキットも付いてたりします。

201103030721.jpg

ほかにも、「スマートインステゥルメンツ」という機能を持つギターでは、楽器を弾けない人でもコードを選ぶだけでiPadが勝手に演奏してくれるとのこと。

201103030722.jpg

このアプリ1つでどれだけ遊べるかわかりませんね。というか、こんなものが出た日には、多くのサードパーティーが困るんじゃないかと思いますよ。罪なApple……。

ジョブズ氏はこのアプリに度肝を抜かれたとしながら、「十代の若者がGarageBandを使ってiPadで楽曲を作成している姿を思い浮かべるととてもワクワクする」と言ってました。そのとおりだと思いますね。きっと、多くの才能がここから開花することでしょう。いい時代になりましたねぇ。

こちらも驚きの4.99ドル! iMovie for iPadと同日の3月11日発売です。

はい、こんな感じでしょうか。いつものことですが、Appleがなにか発表するたびに睡眠時間を削られてしまいます。まぁ、それがまた楽しいからやっちゃうんですけどね。ああ、3月11日に米国にいてiPad 2を買えたらなぁ。まぁ、我々は25日までがまんしましょう。ほんと、待ち遠しいです。

それから、スティーブ・ジョブズ氏の元気なお姿が拝見できたことに、オレも含めて多くの人が安心したのではないでしょうか。では、また!

※写真は『Ars Technica』『MobileCrunch』『Apple』からの転載です。



関連記事:

2 Responses to “ついに登場! iPad 2 〜 スペック、新アクセサリ−、iOS 4.3、新アプリをまとめてどうぞ!”

  1. sisidvicious 2011年3月3日 at 10:28 AM #

    personal hot spotは日本では利用できないそうです。
    ソフトバンク・・・・
    ったく

  2. 會澤賢一 2011年3月5日 at 7:28 PM #

    既存のiPadユーザーがちょっと置き去りになりそうで、残念です。
    …といいつつ、私は持っていなかったので、いいね!

    です。
    買い叩かれるであろうiPad(1st)狙いでオークション眺めておりますです。

    >sisidviciousさん
    ソフトバンクの回線がパンクするのでできないのでしょうね。回線そのものがそれほど大きくない上に、電波の直進性と反射性の弱さからdocomo/auのように物陰の電波性能が落ちるためだと思います。

Leave a Reply