スティーブ・ジョブズからの贈り物

 

1996年に『インターネットマガジン』という雑誌の一員になって以来、オレはインターネットという素晴らしいメディアが「だれにでも使えるもの」になればいいと思い続けてきました。

特別な知識や経験なしに、それこそテレビや電話のようにいつでも手元にあって、自分がしたいことを叶えてくれる新しいメディア。この実現のためなら少々の苦労は厭わないと覚悟を決めて、この業界に携わってきたつもりです。

スティーブ・ジョブズ氏が創ってくれたiPhoneやiPad、Macによって、それは大きく実現に近づきました。

そして、2006年ころから自分の熱意をどこに注ぐかを決めあぐねていたオレに、96年当時の初心を呼び戻してくれたのも、あの見事な製品たちでした。

以来、オレはスティーブ・ジョブズ氏と、彼が生み出す創造物からさまざまなインスピレーションを受け取ってきました。

「自分が創るものを愛すること」

「自分が愛するものを創ること」

「昨日と違うことに挑戦し続けること」

「命がけで創ること」

スティーブ・ジョブズ氏が我々に遺してくれたものは「チャンス」だと思います。インターネットを最大限に活用するための、だれにでも使える素敵なツールたち。

この尊いプレゼントを使って、いまという時間をギリギリの感覚で生きて、愛するものに最大の情熱を注ぐ。今日、オレはこのことをスティーブに約束しました。

あなたは私の人生を大きく変えてくれました。私も本気で創ります。チャレンジし続けます。本当にありがとうございます。

関連記事:

    None Found

Tags: , ,

4 Responses to “スティーブ・ジョブズからの贈り物”

  1. Daihei Shiohama 2011年10月7日 at 2:34 AM #

    米国サンディエゴに住むものです。CNET JAPANの記事を先に拝見しました。昨日ジョブズ死去のことを業界のメーリングリストで知り、Appleのサイトを見た時に、一瞬呆然とし、これはあの時と同じ感覚だと思いました。正に、ジョンが死んだ時でした。貴殿の記事を拝見し、その感覚の共有と、本気で創り込んだ創造物がもたらすマジックについてのこと、あまりに同感する事多く、驚きました。
    私はジョブズ、ゲイツと同じ55年生まれ。ビートルズを愛し、仕事はコンテンツ/メディアの事業経営と、最近は電子出版そして音楽映像のVOD事業に関わっています。更に言うと、クラウドストレージ技術会社の役員をやっています。(DropBoxより良いものです。)ブログにコメントを書込んだのは初めてです。貴殿の記事に出会えた事を嬉しく思っています。

    • zonostyle 2011年10月7日 at 2:37 AM #

      Daihei Shiohamaさん、
      ご丁寧にありがとうございます。また、ご共感いただき、とてもうれしく思います。
      やはり、物作りに携わっていらっしゃるからこそ、相通じるものがあったのではないでしょうか。
      それにしても、Dropboxよりよいクラウドストレージが気になります。ぜひ、情報をご提供ください。
      今後とも、どうぞよろしくお願いします!

      • Daihei Shiohama 2011年10月7日 at 4:53 AM #

        早速にありがとうございます。
        クラウドストレージ技術の件、詳細情報をお送りしたく。よろしければメールアドレスを教えてください。私のは先にトラックバックメッセージに残しました。

        よろしくお願いします。

Trackbacks/Pingbacks

  1. kouseipapa.net/i » 今日の事を、今日読んだ記事を自分のブログに残したかった。 - 2011年10月6日

    [...] スティーブ・ジョブズからの贈り物 | ZONOSTYLE [...]

Leave a Reply